ワウネタ海外生活
トップ北米アメリカ
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
こうしないと捕まります【アメリカ】

まだまだ世界中でコロナ騒動は収まりそうにもありません。
既にロサンゼルスもロックダウンになってから2か月が経とうとしていますが、コロナによる「罰金」に関するニュースをよく見かけます。

例えば、ある日系スーパーで知り合いに会ったので、近距離で話していたら、たまたま通りがかった警官に「6フィート以上離れていない」という理由で罰金を徴収されたケースもあります。

また、その頃はビーチが閉まっていなかったのでしょう。
サーフィンをしていた男性がいて、警察がそれを見かけて注意したのに、男性はサーフィンをやめなかったので、罰金を支払う羽目になりました。
このように、おちおち「普通」のことができないのです。

そして、こんな光景を見ました。

彼女たちも例で挙げたようなニュースを知っているのでしょう。
2人は知り合いのようで、たまたま散歩中に出くわしたので会話をしていますが、いつもと異なるのは6フィートほど離れている点です。

心なしかパトカーをよく見かけるようになったので、うっかり近距離で話していたら罰金を科せられてしまいます。
彼女たちもそれを警戒しての行動だったのでしょう。
こんな光景を見て、早く普通に戻らないかなと切に願ってしまいます。




2020/05/24 12:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

こうしないと捕まります【アメリカ】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -アメリカナビ-

Copyright(C) 2015-2020 AISE Inc. All Rights Reserved.