ワウネタ海外生活
トップヨーロッパジョージア
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
自宅で旅気分(5)心もほっこり!車で旅をしたくなる映画三選

(c) Phil Darby / Shutterstock.com

心がキュンとする「ドライビング Miss デイジー」(1990)

車といえばカーアクションになりがちですが、心温まる作品として思い浮かぶのはアメリカ映画「ドライビング Miss デイジー」。車で旅をするシーンは、ほんのちょっとですが。

ジョージア州アトランタで教師を退職した未亡人デイジー(ジェシカ・タンディ)と、彼女のもとに雇われてやって来たアフリカ系の運転手(モーガン・フリーマン)との25年にわたる、心温まる交流の物語です。

この作品はアカデミー賞の作品賞、主演女優賞、脚色賞、メイクアップ賞を受賞しています。特に主演したジェシカ・タンディはアカデミー賞主演女優賞では最高齢80歳での受賞となりました。主演のふたりの素晴らしい演技はもちろんですが、アメリカの公民権運動なども絡めながら、25年という歳月を味わい深く描いています。心がキュンとして泣けること間違いなし、ハートウォーミングな作品なのです。

「ドライビング Miss デイジー」

Amazon Prime Video

U-NEXT

アメリカ的家族再生の物語「リトル・ミス・サンシャイン」(2006)

まさに車の旅が重要な舞台となり、温かい気持ちにさせてくれる作品です。ジョナサン・デイトンとヴァレリー・ファリス夫妻の監督デビュー作で、サンダンス映画祭や東京国際映画祭などで大評判となり、アカデミー賞では脚本賞、助演男優賞を獲得。少女オリーブを演じたアビゲイル・ブレスリンは10歳11か月でアカデミー賞助演女優賞候補にノミネートされています。

美少女コンテストで優勝を夢見るオリーブと両親や兄、祖父、叔父の家族6人のロードムービーで、みなそれぞれ破産や自殺未遂、登校拒否など問題を抱えています。そんな落ちこぼれ家族が、おんぼろバスに乗ってコンテストに向かう旅で再生し、ひとつにまとまります。「負け犬とは負けるのが怖くて挑戦しないこと」というメッセージが聞こえてきます。

「リトル・ミス・サンシャイン」

Amazon Prime Video

GYAO!

U-NEXT

旅は人を成長させてくれる「グリーンブック」(2018)

アメリカで黒人が公然と差別されていた1962年当時の実話をもとにして作られた心温まるストーリー。ジャマイカ系アメリカ人のピアニスト、ドン・シャーリーが南部に演奏旅行に出かけた際、彼の専属運転手兼ボディガードとして雇われたイタリア系アメリカ人トニーとの熱い友情を描いています。この作品で監督のピーター・ファレリーはアカデミー賞で作品賞と脚本賞を、シャーリーを演じたマハーシャラ・アリは助演男優賞を受賞しています。

トニーは旅先から妻に手紙で「アメリカがこんなに美しいとはこれまで知らかなった」と書き送りました。知らない土地を旅することはたくさんの発見につながり、人生を豊かにしてくれます。社会を知り、人種という狭い考えを改めさせ、終生の友情を育んでくれたのです。心温まる作品で、1960年代まであったという黒人のための宿泊ガイド「グリーンブック」の存在もこの映画で初めて知りました。

「グリーンブック」

Amazon Prime Video

GYAO!

U-NEXT

このほかにも車が重要な役割を果たす映画は、「激突!」や「栄光のル・マン」から「ワイルド・スピード」「マッドマックス」などのアクションやサスペンスものまで、たくさんあります。そんな中、今回はハートウォーミングな作品をお届けしました。また機会がありましたら、車と旅をテーマにした映画をご紹介します。

[All Photos by Shutterstock.com]




2020/06/04 20:54  Copyright (C) 2019 TABIZINE All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

自宅で旅気分(5)心もほっこり!車で旅をしたくなる映画三選 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -ジョージアナビ-

Copyright(C) 2015-2021 AISE,Inc. All Rights Reserved.