ワウネタ海外生活
トップオセアニアオーストラリア
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
知ればオーストラリア雑学王【2】 〜世界最古!アボリジナル文化を体験しよう〜

オーストラリア先住民とは

世界で最も古い生活文化を形成したアボリジナルの人々。少なくとも6万年以上前に、オーストラリア大陸に到着したと言われています。自然を敬い、自然と調和して生きる狩猟民族で、部族の数は500以上にものぼります。「ドリームタイム」という天地創造の神話を持ち、精霊が自然界のすべてを創造したと信じる彼ら。ちなみに「アボリジニ」という呼名でご存じの方も多いかもしれませんが、こちらは差別的な響きが強いため、現在はあまり使われることはありません。

アボリジナル文化

文字を持たない彼らは、絵画・音楽・ダンスなど、芸術を通してその文化を後世に継承してきました。アボリジナル文化を体験するなら、ケアンズにある「ジャプカイ・アボリジナル・カルチャーパーク」がおすすめ。ディナーショーやワークショップなど、参加しながら楽しく学べるテーマパークです。

絵画

アボリジナルアートを代表するスタイルは大きく分けて2種類。「ドットペインティング」と呼ばれる点描画と、幾何学的なデザインの「クロスハッチング」。それぞれの模様には意味があり、自然をモチーフにした作品が多いです。

音楽

彼らの音楽でよく用いられる楽器が「ディジュリドゥー」。笛の一種で、1〜1.5m程のユーカリの木で作られています。「ブォーン」という迫力ある低音が、アボリジナル・ミュージック独特の世界観を生み出します。

ダンス

体中にボディーペインティングを施した男性たちが、狩りの様子を表現したり、動物の動きを真似するなど・・・ダンスから彼らの生活を知ることができ、とても興味深いですね。

「ウルル / エアーズロック」

アボリジナル・スピリッツを感じるなら、ぜひ訪れていただきたいのがこちら。古来よりこの地に住む彼らから「ウルル」と呼ばれ、聖地として崇められてきた場所です。映画「世界の中心で、愛をさけぶ」の舞台にもなり、ご存じの方も多いのではないでしょうか?世界で二番目に大きいこの一枚岩は世界遺産にも登録されており、見る者全てを圧倒します。

ちなみにイギリス人探検家によってつけられた「エアーズロック」も正式名称ですが、近年はアボリジナルへの敬意を込めて、「ウルル」と呼ばれることが多いようです。

知られざるオージートリビアをお届けするこのシリーズ、第二弾は神秘的なアボリジナル文化をご紹介しました。オーストラリアにお越しの際はぜひ、体験してみてください。

【情報提供:オーストラリア政府観光局】

【参照】

8 interesting facts about Aboriginal and Torres Strait Islanders

https://www.worldvision.com.au/global-issues/work-we-do/supporting-indigenous-australia/8-interesting-facts-about-indigenous-australia

Why saying ‘Aborigine’ isn’t OK

https://www.amnesty.org/en/latest/campaigns/2015/08/why-saying-aborigine-isnt-ok-8-facts-about-indigenous-people-in-australia/

[All photos by Shutterstock.com]

Please do not use the photos without permission.




2020/06/23 07:30  Copyright (C) 2019 TABIZINE All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

知ればオーストラリア雑学王【2】 〜世界最古!アボリジナル文化を体験しよう〜 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -オーストラリアナビ-

Copyright(C) 2015-2021 AISE Inc. All Rights Reserved.