ワウネタ海外生活
トップヨーロッパイギリス
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
ライム病という病気…【イギリス】

ダーリントンに住む友人が、この間のクリスマスをニューヨークで過ごしたのですが、その後調子が悪くなったと連絡を受けました。
歩くのも困難な位に調子が悪いということで、病院にて診察を受けたところ、どうやら「ライム病」だということ。

このライム病、ボレリア菌と呼ばれる細菌が原因で、ダニに刺されることで感染します。
で、どういう訳か、ニューヨークの風土病とも言われている病気だそうです。
症状は主に神経痛であったり、発疹であったり。
友人に至っては、脚が痛く、そのうち体中がだるくなり、歩行に杖が必要とのこと。

なんでもニューヨークのセントラルパークに行き、写真撮影に夢中になっているうちに、藪に入ってしまい、気が付いたら何かに足を刺されていたという経緯だそうです。
脚には刺された後が赤く残っていたということです。

この病気、治療が難しく、慢性化も問題になっているということです。
イギリスでは稀な病気のようで、調べてみると、日本でも発生することがあるそうです。

さて、友人はすぐに診療所に行きましたが、診療所については過去に記事で紹介しましたので、本日はダーリントンにある薬局の写真を掲載します。
ドラッグストアと米語では称しますが、英国ではケミストショップ(chemist's shop)と呼ばれています。
これらは、市販の薬の販売に加え、医師の処方箋に従った調剤もする薬局となります(日本も同じですね)。




2016/04/08 17:58  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

ライム病という病気…【イギリス】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -イギリスナビ-

Copyright(C) 2014-2022 AISE Inc. All Rights Reserved.