ワウネタ海外生活
トップ知る
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
おなかいっぱい食べても大丈夫?!雑穀で自然なダイエット

だんだん薄着になるにつれて気になってくるのが身体のライン。冬場は特に寒さで運動量も減るため、お正月からなかなか痩せられないというお悩みを春まで引きずってしまいがちですね。今回は、無理なくダイエットしたいという、そんな方にオススメの食材、雑穀をご紹介いたします。

雑穀というと、昔から食べられてきたアワ、ヒエ、キビ、タカキビ、最近注目のキヌア、アマランサスなどが一例として挙げられます。

雑穀は、体が必要としている栄養素をバランスよく含む食品として近年注目されています。生成された白米では補いきれない栄養成分を含んでいるので、主食に雑穀を少し混ぜるだけで、今までよりも身体の機能が向上し、無理なく減量できるといわれているのです。

中でも注目すべきは雑穀に含まれる食物繊維の働きです。血液によって身体の各所から集められた余分な栄養や老廃物は、最終的に大腸に集められるのですが、これを吸収してそとに排出してくれるのが食物繊維です。便秘などでこのサイクルが滞ると、腸内の環境が悪化し、消化力が落ちたり、代謝の低下を招いたり、脂肪がたまりやすい体質になったり、肌荒れやシミやシワといった表皮のトラブルにつながったりするのです。

もし無理なくダイエットを行いたいと思うのであれば、雑穀の力を利用して、まずは腸内環境を整えることが近道になります。いつもの白米に、好みの雑穀を2〜3割程度混ぜて食べることから始めてみてください。

その際、ひとつまみの塩を加えて一緒に炊くと、雑穀特有の風味が薄れてより食べやすくなりますよ。できれば1日2食程度は雑穀米を主食にすることが好ましいですが、1食からでも大丈夫ですので、まずは気軽に始めてみましょう。

定期的に摂取することで、雑穀に含まれる栄養素が腸の機能を高めて、栄養の吸収量を調整したり、老廃物の排泄を促してくれたり、身体に働きかけてくれるので、だんだんとお腹がスッキリとしてくる実感を得られると思います。一般にダイエットというと食事の量を減らしたり、辛いイメージがつきまとうものですが、普段の主食を雑穀米にするだけなので、美味しくて簡単、楽ちんです。

雑穀によって徐々に代謝機能が回復すれば、脂肪もゆるやかに減少し、太りにくい体質に変化していくことでしょう。ただし、劇的な変化があったり、すぐに効果が得られるというものではありませんので、ダイエットといえども気長に構えるのがコツ。日々の積み重ねで、本来の健やかな体重に戻っていくとイメージで、美味しく続けてみてください。

イメージ画像URL:http://www.unme-kome.jp/zakokumai11.jpg




2018/12/14 18:21  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



最新記事

おなかいっぱい食べても大丈夫?!雑穀で自然なダイエット | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -知る-

Copyright(C) 2014-2022 AISE Inc. All Rights Reserved.