ワウネタ海外生活
トップ北米アメリカ
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
1900 Park Fareのシーティングと中の様子【アメリカ】

フロリダ(Florida)のウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート(Walt Disney World Resort)最高級ホテル「ディズニー・グランド・フロリディアン・リゾート&スパ(Disney's Grand Floridian Resort & Spa)」のレストラン「1900パークフェア(1900 Park Fare)」で朝食を楽しんだ時のシーティングとレストランの中の様子をご紹介します。


チェックイン時に渡されたページャー(Pager)が鳴ったので、ポディアムに戻るとシーターの方がレストランの中に案内してくださいました。
レストラン内に入ると中はメルヘンな世界。特に映画「メリー・ポピンズ(Mary Poppins)」の世界が表現されているようなレストランの店内でした。

メリーゴーランドのような彫刻がいくつか並んでいて、もちろん馬もあったのですが、タツノオトシゴやうさぎなどもいます。


また、「ビッグ・バーサ(Big Bertha)」と呼ばれる1800年代後半のフレンチバンドオルガンが飾られています。


ちょうど、案内していただいた席の近くにいらっしゃったマネージャーが話しかけてくださったのですが、彼女のネームタグの上には黄金に輝くメリーゴーランドのピンが付いていて、レストランのイメージにピッタリすぎて、思わず写真を撮らせて頂きました。
とても気さくに話してくださったマネージャー素敵でした。




2020/08/31 12:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

1900 Park Fareのシーティングと中の様子【アメリカ】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -アメリカナビ-

Copyright(C) 2014-2022 AISE Inc. All Rights Reserved.