ワウネタ海外生活
トップヨーロッパフランス
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
【世界ひとり飯34】フランス・リヨンの「ブション」で地元の伝統美食を気軽に楽しむ!

フランス料理のお店もいろいろ

フランス料理のイメージは、スターターからメイン、デザートまでのこってりとバターたっぷりの高級料理かもしれません。伝統の料理法で正当なフランス料理を提供する高級フレンチレストランは昔から人気です。最近は、新しい素材や調理法を取り入れた、新しいフランス料理を楽しめるお店も増えてきました。

そして、いわゆる高級レストランじゃなくても、フランスには「ビストロ」と呼ばれる、もうちょっと気軽な店や、ビールやワインを片手に楽しめる居酒屋のような店「ブラッセリ―」、もっとカジュアルな「カフェ」など、いろんなタイプのおいしいお店の形があります。「ブション」も、そんなお店のひとつなのです。

リヨンの丘の上にブションが密集!

地図でリヨンを眺めると、ちょうど北から南にローヌ川とソーヌ川が流れていて、街の南側で合流しています。西側に位置するソーヌ川が街の北側で蛇行するあたりの丘に、ノートルダム大聖堂とか、リヨン・サンジャン大教会なんかもあって、日本でいえばお寺の周りの門前町に似ているかもしれません。古い町並みが残っていて。そのあっちこっちに、リヨン料理を楽しめるブションがあります。

今回はフランス人の友人と一緒に、「Les Ventres Jaunes」でブションの料理をいただくことにしました。お店の名前は「黄色いおなか」という意味のようですが、「鶏」がテーマになっている様子。

店内には、鳥小屋を模した装飾もあって、牧歌的な雰囲気です。なかなかかわいいし、ウッディーで落ち着きます。

大満足の3品コースで16ユーロはかなりうれしい!

このお店のメニューは、アラカルトと、3品のコース3種類のメニューがあります。コースは「Entree(前菜)」「Plat(メイン)」「Dessert(デザート)」で、それぞれ数種類からひとつずつ選びます。ランクは、「Menu Bouchon」16ユーロ(約2,000円)、「Menu Terroir」19ユーロ(約2,400円)、「Menu Bressan」26ユーロ(約3,300円)の3種類あります。

ランチということで2人とも「Menu Bouchon」にします。

前菜に選んだのは、やっぱり超名物なあれ!

「オニオンスープ」といえば、バゲットのスライスを浮かべてチーズを乗せて、あっつあつでいただく「オニオングラタンスープ」を思い浮かべるかと思いますが、リヨンでは見た目シンプルな玉ねぎのスープです。よく炒めた玉ねぎの旨味と香ばしさが効いています。そして、とてもやさしい味。これでおなかのウォームアップは完璧です。

前菜から選んだもうひとつは「リヨネーズサラダ」。このリヨン名物のサラダに欠かせないのは、立派なサイズのクルトン。乾燥させておいたパンをフライパンでジックリ焼いたものです。それにポーチドエッグ、ベーコン、レタス。ドレッシングはマスタード、ワインビネガーにオリーブオイル。パセリを振って、見た目にもおいしいごちそうサラダです。

メインは「ソシソン」と「クネル」

「ソシソン」はフランス語でソーセージ。リヨンでは豚肉にピスタチオを入れて作ります。それをいろんなソースで食べますが、こちらでは赤ワインベースのボジョレーソースで。粗挽きではなくて細引きの肉、ピスタチオも細かく砕かれて、全体に味が均一になっています。オイリーさがなくって、しっかりとした食感です。付け合わせの野菜も、じゃがいも、ズッキーニなどたっぷり。

メインのもう一品、「クネル」はこんなふうにグラタン皿で登場。ご飯とラタトゥイユが添えられています。いい焼き色がついていて熱々です。実はこれ、魚のマスを使ったフィッシュケーキをオーブンで仕上げたもの。

フォークでカットすると、ふわっとした魚のすり身の断面が見えます。内側のふわふわ具合ははんぺんのようです。外側のチーズと共にカリッとしているソースははオムレツみたいに見えますが、ナンチュアソースという、ベシャメルソースにザリガニの煮汁で風味を加えたもの。これ、実際ご飯に合います。

デザートも、もちろんリヨン流!

こちらは「クレームキャラメル」。やわらかいカスタードに、卵白のメレンゲが乗っています。鶏がモチーフになっているお店だけに、たまごということなんでしょうか。なかなかおいしい。何がいいって、卵白も卵黄も両方ひとつのデザートに使っているところですね。カリッとした穀物のパフが振られていて、いいアクセントになってます。

もうひとつは「タルト・オ・プラリーヌ」というナッツ類をカラメルでまとめたタルト。薄くて軽めで重すぎず、サクッと楽しめました。

ブションはなかなか庶民的かな

リヨンにももちろん、高級なレストランはたくさんありますが、昔ながらのリヨン料理を手軽に食べるならブションです。ひとりで楽しめるコースもあるので、お店にも入りやすいと思います。今回は3つの料理のコースで16ユーロ(約2,000円)ですから、ランチだったらなかなかリーズナブルで満足感もたっぷりです。

Les Ventres Jaunes

住所:2 Place Neuve Saint-Jean, 69005 Lyon, フランス

電話:+33 4 78 42 16 49

営業時間:月〜金 12:00~14:00、19:00~22:00、土・日 12:00~14:30、19:00~22:00

HP:https://www.facebook.com/restaurant.lesventresjaunes/

[All photos by Atsushi Ishiguro]




2020/10/18 12:00  Copyright (C) 2019 TABIZINE All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

【世界ひとり飯34】フランス・リヨンの「ブション」で地元の伝統美食を気軽に楽しむ! | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -フランスナビ-

Copyright(C) 2015-2020 AISE Inc. All Rights Reserved.