ワウネタ海外生活
トップアジア日本
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
冬旅がもっと特別になる!星野リゾート冬の温泉4選

星野リゾート 青森屋では、「ねぶり流し灯篭」が楽しめる

青森の文化を満喫できる宿「星野リゾート 青森屋」では、雪が降るこの季節限定の絶景雪見露天「ねぶり流し灯篭」が登場します。露天風呂「浮湯」の周りの池に、ねぶたの山車(だし)と小灯篭を浮かべ、邪気を払う「ねぶり流し」という行事を再現。無病息災を祈りながらゆったりと温泉を楽しむことができます。

どんな温泉なの!?

睡魔を払い、穢れを川や海に流す行事とされる「灯篭流し」は、東北地方で「ねぶり流し」と呼ばれ、青森ねぶた祭の起源となったといわれています。「星野リゾート 青森屋」では、ねぶたの山車2台と、宿泊客が書いた願い事を乗せた小灯篭を露天風呂「浮湯」の周りの池に浮かべ、この行事を再現。また、18:00〜24:00の間はライトアップされるため、その幻想的な美しさも必見です。

2台の山車「毘沙門天」と「鍾馗」

ひとつ目の山車は、北方の守り神、知恵や開運をもたらす神として信仰されている北方の守護神「毘沙門天(びしゃもんてん)」です。右手に矛(ほこ)、左手に宝塔(ほうとう)を持ち、鬼を睨みつけるなんとも勇ましい表情にも注目です。

ふたつ目の山車は、疫病除けや邪気除けの神として疫病や邪気から人々を守る神「鍾馗(しょうき)」。中国の神話で、唐の玄宗皇帝が熱病にかかった際に、夢の中で鐘馗という男が小鬼を退治したところ、夢から覚めた玄宗は回復していたという言い伝えが。自分の命を救ってくれた錘馗を神として定め、現代に至るまでまつられています。

また、「星野リゾート 青森屋」の山車は、青森ねぶた祭で制作者に送られる最高賞「最優秀制作者賞」を受賞したねぶた師・竹浪比呂央(たけなみひろお)氏が制作しています。ねぶたの山車の評価は、躍動感の表現や色彩、山車の構図などによって決まります。これらの山車も、本物の祭りに出陣する山車と同じように、下絵制作から始まり、鮮やかな色彩や山車の構図にこだわって制作されてるため、迫力あるねぶた祭りの雰囲気を感じることができます。

【ねぶり流し灯篭 概要】

期間:2020年12月1日〜2021年3月31日

場所:露天風呂「浮湯」

時間:時間:5:00~12:00、13:00~24:00(ライトアップ時間:18:00~24:00)

料金:無料

願い事受付時間:15:00~21:00

源泉:古牧温泉

泉質:アルカリ性単純温泉

効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、冷え症、疲労回復、健康増進等

浴槽数:男女各内湯2、外湯1

対象:宿泊者

備考:天候により、中止になる場合があります。


星野リゾート 青森屋

住所:青森県三沢市字古間木山56

電話:0570-073-022(星野リゾート予約センター)

客室数:236 室・チェックイン:15:00/チェックアウト:12:00

料金:1泊17,000 円〜(2名1室利用時1名あたり、税別、夕朝食付)

アクセス:青森鉄道三沢駅より徒歩約15分

URL:https://hoshinoresorts.com/ja/hotels/aomoriya/

露天風呂にそびえる氷瀑を眺める「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」

青森県・十和田市に位置する「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」では、2020年12月18日から冬限定「氷瀑(ひょうばく)の湯」が登場します。奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)沿いに建つ唯一のリゾートホテルとなっており、眼下に渓流を望む露天風呂で、ここでしか見ることのできない「氷瀑」を眺めながらの湯浴みが楽しめます。

氷瀑とは?

厳しい寒さで氷結した滝のことを「氷瀑」といい、全長約14kmの奥入瀬渓流には14本もの滝が点在するため、様々な形の氷瀑を見ることができます。なかでも、光が差し込むとアイスブルーに輝く氷瀑は必見で、冬にしか見ることのできない絶景です。そんな冬の風物詩を、“館内でもゆっくり楽しんでほしい”という思いのもと、2017年より長い冬と厳しい寒さなどの気候条件を生かして、露天風呂の壁に氷瀑を再現。毎年改良を重ね、今年で4年目を迎えています。

日々異なる表情を見せる氷瀑

「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」の氷瀑は、長い時間をかけて作り上げています。露天風呂では、12月上旬から両側の壁に霧状の水を吹き付け、厳しい寒さで凍った水しぶきが少しずつ重なっていくことにより、1月中旬になると、高さ約3.5m、幅約16mの氷瀑が再現されます。日照、気温、風向きにより氷の形が変わり、朝昼夜いつ入浴しても、異なった表情を見せてくれます。

【氷瀑の湯 概要】

期間:2020年12月18日〜2021年3月22日

時間:6:00~11:30、14:30~24:00

原泉:猿倉温泉混合泉

泉質:単純泉(低張性中性高温泉)

適応症:筋肉や関節の慢性的な痛み、胃腸機能の低下、冷え性、疲労回復、うつ状態など

浴槽数:男女各内湯1、外湯1

対象:宿泊者


星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル

住所:〒034-0398 青森県十和田市大字奥瀬字栃久保231

電話:0570-073-022(星野リゾート予約センター)

客室数:187室・チェックイン:15:00/チェックアウト:12:00

料金:1泊 20,000 円~(2名1室利用時1名あたり、税別、夕朝食付)

アクセス:JR八戸駅・青森駅から車で約90分(無料送迎バスあり・要予約)

URL:https://www.oirase-keiryuu.jp/

日帰り温泉でも特別な冬を!軽井沢「星野温泉 トンボの湯」

軽井沢星野エリアの日帰り温泉施設「星野温泉 トンボの湯」では、新感覚のサービス「ひとり占め足湯」がスタートしています。その内容は、なんともユニーク!美肌の湯として知られる温泉をひとり用の足湯桶に満たし、青空の下で3密を気にすることなく、足湯を気軽に楽しむことができます。

屋外で快適に過ごせる「ひとり占め足湯」

「ひとり占め足湯」はトンボの湯の前にある森に囲まれた開放的な広場で行われ、お互いの距離も十分に取れるため、3密を気にすることなくリラックスできます。

その時の外気温に応じて最適な温度の足湯が用意され、湯温が下がり始める頃には湯守スタッフが温泉を運び、足湯の温泉を入れ替えてくれます。常に40度以上の湯温が保たれるため、心地よい足湯をゆっくりと楽しむことができます。

上半身は軽井沢の冬の冷涼な気候をまとい、下半身は足湯でポカポカ。健康に良いといわれよく眠れる「頭寒足熱」の状態に!

ひとりに1杯、信州らしい冬のドリンク「ホットアップルサイダー」が配られます。温めたりんごジュースのほのかな甘さとシナモンの香りを、じんわり温まる足湯とともにお楽しみを!

【ひとり占め足湯 概要】

期間:2020年11月16日~2021年3月19日

時間:13:00~13:45、14:00~14:45、15:00~15:45、16:00~16:45

料金:1,091円(税別)

内容:足湯一式、足ふき用タオル(レンタル)、ドリンク

定員:各回6名

場所:軽井沢星野エリア 星野温泉 トンボの湯前の広場

予約:公式サイトより当日11時までに要予約

備考:雨天・降雪時は中止


星野温泉 トンボの湯

住所:〒389-0194 長野県北佐久郡軽井沢町星野

電話:0267-44-3580

営業時間:営業時間:10:00~22:00(21:15最終受付)

料金:大人1,350円、子供800円(3才〜小学生)(入湯税・消費税込)

※GW、8月、年末年始は、営業時間:10時~23時(最終受付22時)

特別料金 大人1,550円 / 子供1,050円

アクセス:JR 北陸新幹線・軽井沢駅から車で約15 分

URL:http://www.hoshino-area.jp

時間や目的に合わせて楽しむ温泉・・・「星のや軽井沢」

「星野温泉 トンボの湯」と同エリア内にある、「星のや軽井沢」でも、身も心もリフレッシュできるラグジュアリーな冬旅が楽しめます。「トンボの湯」と「メディテイションバス」の温泉を使用できるため、トンボの湯の露天風呂で身体を目覚めさせ、夜はメディテイションバスで心身の緊張をほぐす・・・といった、時間や目的に合わせて贅沢に温泉を選ぶことができます。

トンボの湯

こちらは、日帰り温泉として営業していますが、朝は宿泊者専用の時間が設けてあるため、混雑を気にすることなく朝日を浴びながら入浴することができます。香り高い檜の内湯、露天風呂、サウナのほか、冬の冷たい空気の中で外気浴ができるスペースがあり、雪が降る日には真っ白な白銀の世界へと姿を変え、野鳥の鳴き声や川のせせらぎ、風の音だけが聞こえるなかで、静かに雪見風呂を満喫できます。

メディテイションバス

光と闇を行き来する独自の入浴法「瞑想入浴法」を体験できる、星のや軽井沢宿泊者専用の温泉。一晩中利用することができるのもうれしいポイント。約39度~40度とぬるめの泉温となっており、自律神経系の副交感神経を優位にしてリラックスモードへと導き、良い眠りへと誘います。ストレスによる睡眠などの不調を和らげ、心地よく過ごすことができます。

そのほか「星のや軽井沢」では、信州の食文化と旬の食材を堪能できる食事、冬の寒さを楽しむアクティビティを通して、心と身体が喜ぶ癒しの冬旅が満喫できます。

星のや軽井沢

住所:〒389-0194 長野県軽井沢町星野

電話:0570-073-066(星のや総合予約)

客室数:77 室・チェックイン:15:00/チェックアウト:12:00

料金:1 泊 84,000円~(1 室あたり、税・サービス料別、食事別)

※通常は2泊より

アクセス:JR軽井沢駅より車で約 15 分(送迎バスあり)、碓氷軽井沢 IC より車で約 25 分

URL:https://hoshinoya.com/

https://www.oirase-keiryuu.jp/corona/




2020/12/12 11:00  Copyright (C) 2019 TABIZINE All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

冬旅がもっと特別になる!星野リゾート冬の温泉4選 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -日本ナビ-

Copyright(C) 2015-2021 AISE Inc. All Rights Reserved.