ワウネタ海外生活
トップアジア日本
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
福島県郡山市のご当地パン「クリームボックス」とは?ワッフル専門店「モンリブラン」のこだわりの味【実食ルポ】

福島県郡山市のアメリカンワッフル専門店「モンリブラン」

福島県郡山市で1979年創業し、40年以上愛され続ける手作りワッフルの専門店「モンリブラン」。郡山に本店がありますが、東京駅ナカや全国の百貨店に催事出店することも多く、出会う確率の高いお店です。

自慢の柔らかいアメリカンワッフルは、天気・温度・湿度よって混ぜ具合や水分を調整した100%手作り。人気No.1「生クリーム」、チョコクリ-ムとクランチチョコの「ダブルチョコ」などレギュラー9種類に、月ごとの季節限定が1種類というラインナップです。

今回の自由が丘では、定番ワッフルのほか、福島県産米「あさか舞」の「米粉スコーン」(チョコ・くるみ)と、郡山市でお馴染みという「クリームボックス」も販売されていました。

マツコ・デラックスさんご出演の番組などでも紹介され、知名度が上がってきている郡山のソウルフード「クリームボックス」。

郡山市は東北の玄関口という土地柄、小麦粉や牛乳など良質な原料が豊富で、クリームボックスの名店も多く、それぞれが工夫をこらした味を展開しているそうです。

なぜボックス?!食べてわかる「クリームボックス」

お店によって個性的なクリームボックスがある中で、今回出会えたのが「モンリブラン」の「クリームボックス」。お味は定番の「ミルク」と、福島県のソウルドリンク「酪王カフェオレ」をイメージした「カフェオレ味」の2種類(各250円・税込)。

クリームボックス専用の食パンと自家製クリームを使って、食材と作業工程にもこだわっています。

手作り感あるシンプルなパッケージ。2cmほどの厚みの食パンの上にクリームが塗られ、透明シートで覆われていました。

まずそのままいただくと、しっとり食パンは食べごたえがあり、クリームは優しい甘みです。

「温めるともっとおいしいよ」というお店の方のアドバイスに従って、温めてみることに。すると驚くほど進化しました!

クリームがとろけて、食パンはもっとしっとり。真ん中がくぼんでいて、大量のクリームが沈んでました!食べるのが追いつかないほど、とろけてあふれてきます!

温かいクリームはミルキーなのに甘すぎずあっさりとしていて、この量でもずんずん進み、おなかもいっぱいに!

最初のシンプルなミルククリームの食パンという感想を覆し、クリームが膨らんだのではないかと思うほど、クリームたんまり!抱えていた「ボックス」の謎が解けましたね!

SNSで出店情報をチェック!

現地を旅したときには、「クリームボックス」をお店によって食べ比べるのも楽しそう!

モンリブランは、近々ネットショップも開設予定のようです。まずはSNSでスケジュールをチェックして、出張店舗がお近くに登場したときは、ぜひ立ち寄ってみてください!

モンリブラン

住所:福島県郡山市安積3-332-2-101

電話:024-947-1618

HP:https://www.monlisblanc.com/

Twitter:https://twitter.com/monlisblanc?s=09

Instagram:@monlisblanc

[All photos by kurisencho]




2020/12/26 18:16  Copyright (C) 2019 TABIZINE All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

福島県郡山市のご当地パン「クリームボックス」とは?ワッフル専門店「モンリブラン」のこだわりの味【実食ルポ】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -日本ナビ-

Copyright(C) 2014-2021 AISE Inc. All Rights Reserved.