ワウネタ海外生活
トップアフリカ南アフリカ
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
今日は何の日?【2月2日】

鬼除け鬼まんじゅうの日

岐阜県、愛知県を中心に、中部地方のソウルフードと呼ばれる「鬼まんじゅう」。角切りのさつまいもと小麦粉を使ってつくられ、鬼の金棒のように表面がゴツゴツしていることから、この名が付いたといわれています。鬼まんじゅう専門店の「美濃廣庵 満開堂」(岐阜県瑞浪市)、寒さがピークを迎える頃の節分の日の昼間に温かい蒸したての「鬼まんじゅう」を食べて、鬼が現れる夜までに厄除けをしてもらいたいとの思いから、節分の日に制定したそうです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

満開堂 鬼まんじゅう(@mankaidouu)がシェアした投稿

南アフリカワインの日

南アフリカのブドウ畑(画像はイメージです)© Shutterstock.com

南アフリカワインの魅力を多くの人に伝え、日本市場での販売促進と認知度の向上、南アフリカとの友好関係を築くのを目的として、食品・酒類の総合卸売業などを手がける国分グループ本社が制定。南アフリカのブドウ栽培地域は南緯34度あたり、チリ、アルゼンチン、オーストラリアなどのワイン産地と同緯度で、気候や土壌がブドウ作りに適しているそう。初代東インド会社の代表のオランダ人、ヤン・ファン・リーベックが「ケープのブドウから初めてのワインが作られた」と日記に記しているのが、1659年2月2日であることから、この日に。

フレンチ・クレープデー

フランスでは、クリスマスから約40日後の2月2日にクレープを家族や友人と食べる習慣があることから、フランス生まれの調理器具ブランド「ティファール」を展開するグループセブ ジャパンが制定しました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ティファール公式アカウント(@tfal_japan)がシェアした投稿

協力:日本記念日協会




2021/02/02 07:00  Copyright (C) 2019 TABIZINE All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

今日は何の日?【2月2日】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -南アフリカナビ-

Copyright(C) 2015-2021 AISE Inc. All Rights Reserved.