ワウネタ海外生活
トップアジア日本
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
GoToトラベル京都・大阪旅行 新幹線アイスのうんちく。

只今都府県が一部緊急事態宣言が発令されているため、自由に外出できない日々が続いております。


この記事は、今回の緊急事態宣言が発令される前のGoToトラベルキャンペーンを行っていた期間に旅行に行った記録の一部です。


さて、今回のGoToトラベル京都・大阪旅行でも行きも帰りも新幹線アイスを堪能した私ですが、



せっかくですのでどうでもいいかもしれませんが、



新幹線車内販売アイスうんちくを皆さんにお話したいと思います。



新幹線アイスは日本中全ての新幹線で売っているわけではありません。



あと、地域によってもアイスの味が限られています。



例えばJR東海地域ですと、バニラ味、キャラメル味、ピスタチオ味(ピスタチオ味は現在廃盤)



JR九州地域ですとレモンアイスしか売ってなかったり、



北陸のほうの新幹線ならアイス自体取り扱ってない場合があります。

なので、行先によってアイスの味も売ってるかどうかも違ってくるので頭の隅においておくと無駄知識かもしれませんが役に立つかもしれません。



そして、今回も、ピスタチオ味が廃盤になってしまったので、一番安くてオーソドックス、そしておいしい不動のバニラ(税込み300円)をチョイスしました。



相変わらず買った時はカチコチのアイスです。



このアイスは、新横浜から乗った場合、のぞみで、名古屋についたあたりが食べごろになります。



結構時間がかかります。



平均30分は放置していないとスプーンがアイスに勝てません。



さてさて、気になるテイストですが食べてみると、ハーゲンダッツほどの濃厚さには欠けるけど、濃厚というよりかはさっぱりした感じのバニラアイスです。



ちなみに、またトリビア知識なのですが、実はこのアイス、ちゃっかり駅の売店にも売ってます。



小さな冷ケースに入って売っているので、もし30分も待てないという方は売店で買って新幹線にのってちょっとしたら食べるというのも手かもしれませんね。









2021/05/08 08:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

GoToトラベル京都・大阪旅行 新幹線アイスのうんちく。 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -日本ナビ-

Copyright(C) 2014-2021 AISE Inc. All Rights Reserved.