ワウネタ海外生活
トップキレイ
日焼け以外にもいろいろ怖い!紫外線から自分を守ろう

白い肌でいたい、焼きたくない。そんな思いから紫外線対策を行っている人や、日焼けで肌が赤くなったり痛い思いをするのが嫌でUVケアをしている人も多いことでしょう。ですが、紫外線で怖いのは日焼けだけじゃありません。ここでは紫外線の危険性と日焼け対策についてまとめました。

人体に有害な紫外線には大きく分けて2種類ある
UVにはUVA、UVB,UVCと呼ばれる3種類のものがあります。その中で人体に影響を及ぼすといわれているのがUVAとUVBです。この二つはどう違うのでしょう。

日焼けを起こす、UVB
一般的に日焼け止めをしたい、UV対策をしたいというとき触れられるのがUVBです。これは、皮膚の角層から表皮にまで浸透し、やけどのような状態を引き起こします。また時間がたってから、肌が黒くなるのもUVBの仕業です。

老化を起こす、UVA
紫外線が老化の原因にもなるということをご存知でしたか?UVAは皮膚の角層から表皮はもちろん、その奥の真皮まで到達し、活性酸素種を生成させたり、光老化と呼ばれる症状の原因になります。

光老化とは
人は誰しも自然に老化します。ただ自然な老化が、肌の弾力性を低下させたり厚みを失わせたりするだけなのに対し、光老化は深いしわやシミの原因になったり、肌のきめが著しく悪くなったりします。

効果的な紫外線予防の方法
一般的に、紫外線対策には日焼け止めが使われることが多くあります。でも、種類がいっぱいあってどの日焼け止め製品を選べばよいのか迷いがち。ここでは日焼け止めの選び方をまとめます。

白いタイプか、透明タイプか
日焼け止めには白く残るタイプと、透明になるタイプがあります。白く残るタイプは、その白さで光を反射させ、光が皮膚に届かないようにします。透明になるタイプは、成分に紫外線を吸収する作用があり、皮膚に届かないようにします。透明になるタイプはたまに肌に合わない人もいますので、合うものを選びましょう。

PAとSPF
先ほどUVAとUVBについてまとめましたが、日焼け止めを選ぶときに気を付けたいのがPAの値とSPFの値です。光老化の原因になるUVAを防ぐ値がPA。PAはPAに続くプラスの数が多いほど効果が高いといわれます。SPFは、UVBを防ぐ効果の値です。日常生活ではSPF10程度、炎天下のレジャーやマリンスポーツではSPF40-50程度が適しています。

まとめ
いかがでしょうか。何となく塗っているだけの日焼け止めでは、思った効果が得られないかもしれません。基本的な知識を身に着けておき、TPOに応じて日焼け止めをつかいわけてもいいですね。




2015/08/07 15:00  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



最新記事

日焼け以外にもいろいろ怖い!紫外線から自分を守ろう | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -キレイ-

Copyright(C) 2015-2019 AISE Inc. All Rights Reserved.