ワウネタ海外生活
トップヨーロッパイギリス
イギリスのトイレ事情【イギリス】

イギリスに観光に来たみなさんは、街角のトイレの少なさに困る人が多いかもしれません。実は、数年前からロンドンの公衆トイレが次々と閉鎖されています。地下を少し降りたところにある公衆トイレが一般的でしたが、そのほとんどが閉鎖されてしまい、使われなくなったトイレが一般に販売され、バーやカフェにリメイクされたところもあります。

では、地元の人がトイレに行きたくなったらどこを利用しているのでしょうか?
ロンドン市内にはパブがたくさんあり、1日中ある程度の客がいるので、人混みに紛れてトイレのみ借りるという手があります(お店の方、すみません)。



また、大きなデパートや無料の美術館・博物館にもトイレがあります。イタリア、スペインやフランスなど他のヨーロッパの国では、トイレは有料なのが当たり前ですが、イギリスでは基本的に無料です。

こちらに来てびっくりしたのが、男性用のトイレが道に設置されていたことです。一見トイレに見えなかったのですが、ここでトイレをしている人がいて初めてこれがトイレだということに気がつきました。合計3名が一度にできるように設計されています。トラファルガー広場やリバプールストリート駅などの主要な場所に設置されています。

市内のマクドナルドやカフェでは、トイレがロックされていてカフェ利用者しか利用できないことがあります。観光地ロンドンにトイレが少ないのは困ったものです。



2016/06/25 08:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

イギリスのトイレ事情【イギリス】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -イギリスナビ-

Copyright(C) 2015-2019 AISE Inc. All Rights Reserved.