ワウネタ海外生活
トップアジア日本
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
宿にいながら「厄除け」して開運!「界 日光」で”やくばらい湯治”を満喫してきた【星野リゾート宿泊ルポ】

伝統工芸“鹿沼組子”が美しい。落ち着いた雰囲気の「界 日光」

都内から日光までは電車で約2時間。JR日光駅、東武日光駅からバスで40分ほどの場所に界 日光があります。

界 日光のエントランスから中へ足を踏み入れると、広々と落ち着いた雰囲気が漂うロビーがお出迎え。

目に飛び込んでくるのは、さまざまな場所にあしらわれた美しい鹿沼組子。日光東照宮が造られた際、全国から集まった木工職人によって伝え生まれた鹿沼組子は、界 日光全体のインテリアの一部として素敵な空間を演出しています。

ロビーの一角にはトラベルライブラリー「組子ライブラリー」があります。鹿沼組子に加え、日光彫や益子焼など、栃木を代表する伝統工芸品が装飾として点在。ライブラリー内では、気になった本を手に取ってみたり、コーヒーやハーブティーなどのドリンクが楽しめるスペースとなっています。コーヒーやお茶だけでなく、ハーブティーも用意してくれているのが、とてもありがたいのです。

目の前は中禅寺湖!客室の眺望にうっとり

今回は、「日光やくばらい湯治プラン」での宿泊。運の開けた1年を過ごすために本気の厄除け、厄払いを1泊2日で体験しちゃいます。今回宿泊する部屋も、界 日光の近くにある、日光山中禅寺立木観音の永代祈祷を受けた客室なのだとか。

なんといっても素敵なのは、客室からの眺望。目の前には中禅寺湖が広がり、向かって右側には男体山もよく見えます。天気の良い日は本当に景色がきれいで、四季それぞれの自然の美しさを感じることができるんです。筆者が宿泊した日は3月のはじめでしたが、ほんのり雪をかぶった山々も見えました。

静かな中禅寺湖を眺めているだけで、心まで穏やかになりそう。よく晴れた青空には、中禅寺湖と周りの山々の風景がよく似合います。

客室のいたるところに、鹿沼組子が。鹿沼組子が醸し出す和の雰囲気がとても素敵で、居心地の良さを感じます。

客室の鍵についているチャームもかわいいです。筆者の宿泊した部屋の鍵は、お猿さんと鹿沼組子がついていましたが、お部屋によってついているチャームが異なるのだそう。

界では着心地の良い作務衣が館内着として用意されています。スタッフにお願いすれば、職人によって一枚一枚丁寧に縫い上げられた亜麻100%の浴衣も用意してもらえます(写真右が亜麻100%の浴衣)。

全国の界めぐりをして、色違いをそろえたい、界オリジナルの風呂敷は紫色。風呂敷は館内の移動に便利な手提げに早変わり。大浴場へ行くときや、食事処へ行くとき、活用すると便利ですよ。

界 日光の「日光やくばらい湯治プラン」は、コロナ禍のため、密にならずに厄除け厄払いの体験ができるよう配慮されています。

チェックイン後は、二荒山神社中宮祠でお祓いを受けた厄払い茶と山椒ショコラが楽しめます。お茶とショコラにあしらわれた木の芽。美しいです。

界 日光のオリジナルスイーツ「いちごの羊羹フォンデュ」もいただきました。日光の銘菓である羊羹は、銘水豊かな日光の地で作られていることから上質な羊羹といわれているのだそう。こちらの羊羹フォンデュのために地元の老舗製餡所の協力のもと作られた、温めたソース状の羊羹にいちごと三色団子をくぐらせて楽しめる新感覚スイーツ。ソース状の羊羹といちごの酸味がとてもよく合います。こちらは、2021年5月31日までの提供です。

自分たちだけの贅沢な空間「貸切風呂」

©Hoshino Resorts Inc.

界 日光には、貸切風呂があります。日光やくばらい湯治プランでは、かけ湯の際、桶に厄除け祈祷をした日本酒も一緒に入れます。それでかけ湯を行うことで、身体のお清めを行うのです。さほどたくさんの日本酒を入れたわけではないのですが、かけ湯の際にはふわっと日本酒の良い香りが感じられました。

©Hoshino Resorts Inc.

貸切風呂はプライベート感はたっぷりなうえ、広々としているのでゆったりとお風呂を楽しめます。大浴場とはまた違った満足感が味わえます。日光やくばらい湯治プランでなくても利用は可能ですが、貸切のためチェックインの際に予約を忘れずに。

特別会席には栃木の地酒でペアリングを楽しんで

貸切風呂で冷えた身体が温まった後は、お待ちかねの夕食タイム。今回は特別会席をいただくことに。せっかくなので、お酒は果実酒の飲み比べと栃木の地酒 ペアリングセットを選びました。

果実酒は5種類の中から好きなもの3種類を選びます。今回は、ゆず、みかん、あんずを選択。どれも飲みやすいので、お酒があまり強くないという方にもおすすめです。

栃木の地酒 ペアリングセットは、料理に合う栃木の地酒が出てきます。お料理とお酒の組み合わせを味わうのと同時に、自分の好きな地酒を発見できるのも楽しいですよ。

先付けは雲丹 湯波ムース 献上醤油のコンソメゼリー。雲丹と湯波ムース、コンソメゼリーと、食感の違いを楽しみつつ、雲丹の味を邪魔しない見事にバランスの取れた味わいです。

お椀の後に登場するのは宝楽盛り。日光という土地にちなんだお猿さんや眠り猫が有田焼のうつわに描かれているのが、なんともキュートです。

台の物は、和牛と湯波の柳川仕立て鍋。中央には生ゆばと乾燥ゆばの2種類が入っており、食感の違いが楽しめるようになっています。ぐつぐつ煮た後には卵を入れ、少し蒸らしてからいただきます。

食事の締めはデザート、界 日光特製 苺と軽いミルクのムース。いちごは栃木を代表するフルーツですよね。

石を使った念珠アクセサリー作り体験

日光やくばらい湯治プランの中のひとつ、念珠アクセサリー作りにもチャレンジ。ブレスレットかネックレス、好きなほうを作ることができます。筆者はブレスレットをチョイス。好きな石を必要な数だけ選び、糸に通していきます。途中まで完成させ、翌朝に日光山中禅寺立木観音で祈祷してもらえます。

伝統工芸品を知る「日光下駄談義」

©Hoshino Resorts Inc.

夜には400年の歴史がある伝統工芸「日光下駄」を用いたご当地楽「日光下駄談義」が開催され、自由に観覧できます。とても趣がある能舞台でのショーは必見。伝統工芸品である日光下駄の歴史や魅力を知ることができるんです。

日光下駄を履いて踊る、スタッフによるタップダンス。躍動感があり、生き生きと踊るスタッフの姿に元気をもらえました。

地元の美酒を見つける「マイクロ酒(シュ)ーリズム」

宿にいながらにして、県内の酒蔵めぐりをしたかのような気分が味わえる「マイクロ酒(シュ)ーリズム」。スタッフが酒蔵を取材した動画を客室で見ながら、地元栃木の地酒の飲み比べが楽しめます。飲み比べをすることで、今まで知らなかった新たなお気に入りのお酒に出会えるかも。

大浴場でゆったりと温泉を楽しむ

貸切風呂も楽しみましたが、もちろん大浴場にもゆっくり浸かりたい!眠りにつく前に大浴場にやってきました。

内風呂 ©Hoshino Resorts Inc.

露天風呂は岩造りの湯殿で風情もたっぷり。到着した日は雨でしたが、しとしとと雨が降る音を聞きながら入る露天風呂も情緒があって良かったです。屋根があるので、雨が降っていても濡れる心配はありません。

露天風呂には、日光にまつわるうんちくが書かれた3つの灯篭が置かれています。とても興味深い内容なので、訪れた際はぜひ読んでみてほしいです。

界では、オリジナルの和漢コスメがそろっているので、化粧品を持って行かなくても大丈夫なのがうれしいです。大浴場だけでなく、客室にも同じものが置かれています。

広々とした湯上がり処。開放感があって、ゆったりとくつろげます。

お風呂上がりのドリンクとして、梨ウォーターやルイボスティーも用意されています。界ではおなじみの、アイスキャンディーもあります。

爽やかな朝の空気を浴びながらウォーキングも

翌朝、少し早起きして湖畔をお散歩することに。お部屋からは、朝日に照らされ赤く染まった男体山が見えました。界では、肺機能・免疫力向上にアプローチするプログラムのひとつとして、パワーウォーキングを推奨しています。スタッフおすすめの目的地までのMAPを参考に、往復40分程度のウォーキングを楽しんでみてはいかがでしょうか。

日光山中禅寺立木観音で護摩祈祷を体験

朝食後は早めにチェックアウトして、日光山中禅寺立木観音で護摩祈祷を受けに向かいました。中禅寺は、日光開山「勝道上人(しょうどうしょうにん)」によって建立されたお寺で、世界遺産「日光山輪王寺(にっこうざんりんのうじ)」の別院です。この日は快晴で、とても清々しい朝でした。

まずは写経(写仏)を行うことに。写経は体験したことがありますが、写仏は初めてです。心を静め無言で、ひと筆ひと筆心を込めて書きます。最後に願いごとと日付、自分の名前を書いて納めると、界 日光オリジナル御朱印が授与されます。

護摩祈祷が始まりました。護摩祈祷は、護摩木という特別な薪を投入し、願いごとを清めて成就するように祈願することだそう。炎が上がり、祈祷が続きます。

焼香を行い、最後に昨晩作った念珠アクセサリーのブレスレットにも祈祷をしてもらい終了です。祈祷を受けたブレスレットは、常に身に着けておくのが良いのだそう。

中禅寺の御本尊「十一面千手観世音菩薩」は、勝道上人が中禅寺湖上に千手観音様を見た姿を、桂の生きた立木に彫ったと伝えられており、立木観音と呼ばれます。日光山で最も古い仏像で、国の重要文化財です。興味深いのが、観音様は現在も地に根をはっているということ。

千手観音様の御利益は、「諸願成就」といって諸々の願いごとを成就してくれる仏様なので、観音様の前に立ったら、そのときの願いごとをお伝えしてみると良いそうですよ。

高台にある五大堂からの景色も一見の価値があります。五大堂から望む美しすぎる景色。心が洗われるような風景をぜひ見てほしいです。

天井には、迫力満点!堅山南風画伯によって描かれた大雲龍を見ることができます。

二荒山神社中宮祠で厄払い祈祷を体験

続いては二荒山神社中宮祠で厄払い祈祷を受けます。二荒山神社中宮祠は、日本では伊勢神宮に次いで二番目に広い神域をもつ神社なんだそう。男体山の麓に位置する中宮祠は、1200年以上の歴史があり、日光のパワーの源である神域として知られています。

中禅寺湖と鳥居

美しい神楽の舞を見ることもでき、すべての厄を落としたような清らかな気分になれました。二荒山神社中宮祠でも、界 日光オリジナル御朱印を授与されます。

「日光やくばらい湯治プラン」の本気の厄除け、厄払いは、筆者のように日光山中禅寺立木観音と二荒山神社中宮祠の両方で受けることができます。

お寺や神社で厄除けや厄払いを受けたいと思っていても、少し敷居が高く感じたり、なかなか気軽にお願いできなかったりしますよね。界 日光のやくばらい湯治プランでは、プランの中に組みこまれているので、気軽に参加できるのがありがたいですね。

温泉にゆっくり浸かり身体を癒やし、男体山と中禅寺湖を望む場所で過ごすことによって良い“気”を得る。そして、本気の厄除け、厄払いを体験することで運を開く。心身ともにパワーチャージし、明日への活力を存分に得られる体験をここ「界 日光」で味わってみませんか。

星野リゾート 界 日光

住所:栃木県日光市中宮祠2482-1

電話番号:界予約センター0570-073-011(10:00~18:00)

HP:https://kai-ryokan.jp/nikko/

>>>WEB予約はこちら

>>「星野リゾート 界が考える3密回避の滞在 最高水準のコロナ対策宣言」についてはこちら

>>>20代の方がお得に泊まれる「界タビ20s」プラン詳細はこちら

[Photos by Aya Yamaguchi & Chika]

■あわせて読みたい

これぞ大人の極上ステイ!アートに刺激され、温泉で心身を解きほぐす「界 仙石原」【星野リゾート宿泊ルポ】

今こそ湯治で心身を浄化!大人の秘密基地「界 箱根」でおこもりステイ【星野リゾート宿泊ルポ】

一生忘れない思い出を作る。「界 伊東」で花暦を楽しむ旅【星野リゾート宿泊ルポ】

ただ海を眺めて過ごす至福の時間。オーシャンビューのスイートルームが最高すぎる「界 アンジン」【星野リゾート宿泊ルポ】

そこは大人の隠れ家だった。温泉とワインで身も心も癒やされる旅【星野リゾート 界 松本】




2021/03/12 22:33  Copyright (C) 2019 TABIZINE All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

宿にいながら「厄除け」して開運!「界 日光」で”やくばらい湯治”を満喫してきた【星野リゾート宿泊ルポ】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -日本ナビ-

Copyright(C) 2014-2021 AISE Inc. All Rights Reserved.