ワウネタ海外生活
トップアジア日本
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
オールインクルーシブがおすすめ!立地もルーフトップも最高「THIRD石垣島」【宿泊ルポ】

SNSでも話題の「THIRD石垣島」ってどんなホテル?

石垣島に到着後、シュノーケルの半日ツアーに参加し、終了後にホテルに直行。SNSで話題のTHIRD石垣島での滞在を楽しみにしていました。

THIRD石垣島はユーグレナ石垣港離島ターミナルの向かいにあります。石垣島での滞在はもちろんですが、竹富島や小浜島、黒島、西表島など離島に行くことを考えている人には抜群のロケーションです。石垣空港へのバスも、ユーグレナ石垣港離島ターミナルから出ているので便利ですよ。

1階の入り口から入り、エレベーターで2階のフロントへ。

チェックインは設置されているタブレットで行います。日本語、英語、中国語、韓国語と多言語にも対応。チェックインのタブレットの前には体温測定器もあります。

2階のカフェ&バーラウンジでは、ドリンクやフードのメニューをオーダーして、食事を楽しむことができます。チェックイン後の時間帯では、ライトミールやデザートもオーダーできるので、ちょっと小腹がすいたとか、ランチを食べ損ねたので食べたい、というニーズにも応えてくれます。また、部屋や最上階のルーフトップで楽しめるメニューも用意されているのもうれしいです。

2階にはブックラウンジもあります。

雰囲気も抜群。小上がりでくつろぎながら読書を楽しむのもいいですね。

無駄のない快適空間!観光メインなら「エコノミーツイン」のお部屋で

チェックインを済ませたので、とりあえずお部屋へ。部屋の前にもタブレットが設置されており、こちらを操作すると鍵が開きます。筆者が宿泊した時は顔認証で開錠するシステムでしたが、現在はカードキーに変更されています。

宿泊した部屋はエコノミーツイン。観光メインで、ホテルでの滞在が少ない人におすすめの部屋です。部屋にもタブレットが設置されており、Wi-Fiのパスワードも確認できます。フロアによってパスワードが異なるのでご注意を。

アメニティも一通りそろっています。スキンケアはMarks&Webのもの。

ミネラルウォーターは無料。ミニサイズのアルコールジェルも置いてあります。ポットはバルミューダ。

携帯の充電用コードもそろっているので、万が一忘れても安心。

ルームウェアもあるので、助かります。

エコノミーツインはシャワーのみでバスタブはありません。滞在スタイルによって、泊まる部屋を選んでみては。カップルでの滞在やホテルでのんびり過ごしたい人には、スイートルームが良さそうです。ちなみに、公式サイトからの予約が一番お得ですよ。

夏場は特に、海で遊ぶことが多い石垣島。ホテルに洗濯機があるのは本当にありがたいです。この日はシュノーケルをして、そのままホテルに直行したので、ラッシュガードや水着、持参したタオルをすぐに洗いました。宿泊客は無料で利用できます。ドラム式で、乾燥までしてくれるので楽チンです。

オールインクルーシブでいつでも飲食を楽しめる

洗濯をしている間に着替えを済ませ、カフェ&バーラウンジへ。紅芋のポタージュが飲みたかったのですが、残念ながら品切れでした。スタッフのおすすめメニューである自家製さんぴん茶のチーズケーキと月桃紅茶を注文。チーズケーキは数量限定だそう。

鮮やかなブルーのプレートにチーズケーキが映えます。

THIRD石垣島に宿泊するなら、オールインクルーシブのプランがおすすめ。オールインクルーシブは、食事やドリンク、アルコールなどホテル内のすべてのサービスが宿泊料金に含まれます。

旅人の癒やしの時間。ルーフトップビアガーデン

今回の滞在で最も楽しみにしていたのは、ルーフトップビアガーデン「Chill Out Harbor(チルアウトハーバー)」。ビアガーデンは17時~23時までオープンしています。オールインクルーシブのプランなら、料金は宿泊料金に含まれているので追加料金はなし。宿泊者以外にも、外来利用も可能なのだそうです(天候により利用できない場合や、営業時間が変更になることがあります)。

まだ明るい時間から、日没までの風景を楽しみたくてビールを片手にのんびりと過ごしました。天気が良いと、景色も最高。夕方でも日差しが結構強いので、日焼け対策を忘れずに。

ビアガーデンで楽しめるメニューもあります。その一つがハンバーガー。島豚ソーセージやおつまみもそろっています。

2階のカフェ&バーラウンジでオーダーしたものを持ち込み、楽しむこともできます。好きなものを好きなだけ、好きな時間に食べられるって最高ですね。過ごし方も人それぞれ。カップル以外にも男性のグループや女性同士、思い思いの時間を過ごしていましたよ。一人だと、リゾートホテルで少し寂しく感じてしまったりしますが、THIRD石垣島なら浮くことなく一人時間を満喫できるので、一人旅での宿にもおすすめです。

ルーフトップビアガーデンでくつろいだあとは、部屋のテレビでネットフリックスを見ていたら、いつの間にか寝落ちしてしまいました。

朝食もルーフトップで楽しんで

翌朝、朝食もルーフトップで食べようと思っていました。ルーフトップで食べる場合も、2階のカフェ&バーラウンジで注文します。朝食は、アボカドのスモーブローにしました。ほかにポーチドエッグのスモーブローや、沖縄のソウルフードであるポークたまごおにぎりもありました。スタッフが用意してくれた朝食を、自身でルーフトップまで持っていきます。

宿泊したのは4月上旬。「少し寒いかもしれないので」と言ってスタッフの方がブランケットも用意してくれました。

早朝ということもあって、ルーフトップはしばし貸切状態。夕方のルーフトップビアガーデンも良かったのですが、朝の爽やかな空気に包まれたルーフトップも最高です。

アボカドのスモーブローとサラダ。小さなアサイーボウルもついています。外で食べる朝食は、さらにおいしく感じられました。

今回は一人かつ滞在時間が短かったのですが、ホテルでの滞在も思う存分満喫できました。立地も良いので観光しやすく、移動も快適。ルーフトップでのんびりと過ごせるのも最高です。次回はスイートルームに泊まりたいなと思っています。

THIRD石垣島

住所:沖縄県石垣市美崎町4-7

電話番号:098-083-6366(受付時間 10:00-19:00)

HP:https://hotelthird.com/

Instagram

[All Photos by Chika]

■あわせて読みたい




2021/05/12 17:08  Copyright (C) 2019 TABIZINE All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

オールインクルーシブがおすすめ!立地もルーフトップも最高「THIRD石垣島」【宿泊ルポ】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -日本ナビ-

Copyright(C) 2014-2021 AISE Inc. All Rights Reserved.