ワウネタ海外生活
トップアジアマレーシア
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
ケンタッキーはマレーシアでも人気【マレーシア】

マレーシアの人たちもケンタッキーはよく利用するファーストフード店の1つです。
ただマレーシアでは「ケンタッキー」ではなく「KFC」と呼ばれています。
マレーシアのKFCでは社会貢献活動(CSR活動)の一環として1986年より聴覚障害・言語障害のある人たちが運営する店舗をオープンさせました。
それ以来、350人以上の方々がこの店舗だけで雇用され、現在ではクアラルンプール、サバ、サラワクでの3店舗が営業しているそうです。


お店に入ると、ファーストフード店ならではの声が飛び交うにぎやかさはなく、静寂の中で厨房での音だけが響きます。
お客さまは、注文を受けるスタッフにメニューを指で指し、数や特別なリクエストなどジェスチャーを交えながらほしいものを伝え、スタッフは一つ一つ丁寧に確認しながら注文を入力していました。
みんなコロナでマスクをしているので、口の動きが読めず大変だと思うのですが、それは微塵にも感じませんでした。

厨房でも無駄な動きは一切なく、あっという間に自分の注文した物が用意されていきます。
来店しているお客さまも多く、その上デリバリーの注文なども入っているのにそれぞれがしっかり力を発揮し、流れるように仕事が進んでいく様子は圧巻でした。
またぜひ来店したいと思います。



2021/06/24 09:39  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

ケンタッキーはマレーシアでも人気【マレーシア】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -マレーシアナビ-

Copyright(C) 2014-2021 AISE Inc. All Rights Reserved.