ワウネタ海外生活
トップアジア日本
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
東京から3時間、山の中でハワイアンな気分のグランピング!「マウナヴィレッジ」宿泊ルポ【福島県】

クーラーも完備!広大な景色の中のテントで豪華に過ごす

ハワイアングランピング「マウナヴィレッジ」は、福島県いわき市にある「スパリゾートハワイアンズ・ゴルフコース」内に7月26日にオープンしたばかりのグランピング施設です。

グランピングとは、英語で“魅力的な、華やかな”などを意味する「Glamorous(グラマラス)」と「Camping(キャンピング)」を組み合わせた言葉。グランピング施設により内容は異なりますが、宿泊テント内にはベッドが用意してあったり、食事付きだったりと、気軽にキャンプができることで人気になっています。

今回宿泊する「マウナヴィレッジ」までは、首都圏から発着する「スパリゾートハワイアンズ」宿泊者専用無料送迎バスを利用しました。バスが到着するのは「スパリゾートハワイアンズ」なので、そこからは無料シャトルバスやタクシーなどの車で「マウナヴィレッジ」まで移動します。

「マウナヴィレッジ」に到着すると、そこには広大な景色が広がっていました。こんな自然豊かな場所で過ごせるなんていいですね!しかも、寝る場所も食事も用意されているのですから。目の前には何も遮るものもなく、気持ちの良い景色です。

「マウナヴィレッジ」には2タイプの部屋が用意されています。木の温もりを感じられる内装にエアコン・トイレ・シャワーが完備された「ウッドキャビン」と、フラガールのステージ衣装と同じデザインを取り入れたハワイアンズのオリジナルのハワイ直輸入の雑貨で彩られた、「グランテント」です。筆者が宿泊するのは、グランテントになります。

グランテントには、食事をしたりするスペースになる広いウッドデッキと、その奥にテントが設置されています。この日は良い天気でかなり暑かったので、テントに泊まるというのは少し不安でしたが、スタッフの方いわく「テントには冷房がありますので!」ということで、「さすがグランピング!」と思ってしまいました(笑)。

早速、テントをオープン!目の前には2つのベッドが登場しました。これこそ夢に見たイメージ通りのグランピング!という感じです。すでに心はワクワクしています。

部屋に入ると、涼しい!テント内には床置き型の冷房機器が置いてありました。これなら暑い夏でも快適に過ごせますね。自分で行うキャンプなら難しいので、これは本当にありがたいです。

部屋の中には2台のベッドのほか、ひとりがけのソファやテーブルなども用意されていました。

キャビネットには冷蔵庫も完備。電気ケトルもあって、ハワイコナコーヒーや、ハワイアンな香り漂う、マンゴーピーチティーなどが用意されていました。虫除けスプレーやベープマットも完備されています。そして、部屋の中はハワイアンな飾り付けがいっぱいです!

ウッドデッキには自然の中の景色の流れを楽しめるスペースも。焚き火台も用意されているので、火が燻るのを見ながら日没を見たりしても良いですね。筆者は夕食後に焚き火をやろうと決めました!

昼間はかなり暑かったので、筆者は夕飯の時間まで部屋でゆっくり過ごすことにしました。冷房が効いてて涼しくて最高です!気がついたら、ぐっすり昼寝していました。

テントはチェックイン時に渡される南京錠で施錠しますので、安心できます。また、トイレはグランテントの利用者は外のトイレを使う形になり、シャワーもないので、身体をさっぱりさせたい場合は、ゴルフ場のクラブハウス内の大浴場を使用できます。

食事は福島産の食材を使ったこだわりのバーベキュー

17時になると、夕飯の食材が各部屋に届けられます。大きなクーラーボックスがテーブルに置かれていました。

クーラーボックスを開けると、中にはたくさんの食材が!マウナヴィレッジでは、料理は自分自身でする形になっています。ちなみに、筆者はひとりで宿泊でしたので、初めてソロBBQをすることに。うまくいくのでしょうか・・・。

食事の準備と同時にオープンする「ヴィレッジハウス」でドリンクなどをいただきに行きます。ワインやビールなどのアルコールや、ソフトドリンクも豊富にそろえています。また、焚き火セットや花火も用意されています。

筆者はハワイっぽいソフトドリンクということで、「パスオグァバネクター」を注文しました。トロピカルな味が南国気分にさせてくれます。

さて、早速準備です。バーベキューはウッドデッキに据え置かれたバーベキューグリルを使います。説明書を確認しながら火をつけようとしますが、なかなかつかず・・・。ヴィレッジハウスに行ってヘルプをお願いしてつけてもらいました。ヴィレッジハウスの方々がいてよかった!

バーベキューグリルに火を通すものをずらっと並べます。ひとりなので、一気に調理しないといけないのですが、結構難しい(笑)火の通りにくい魚や貝、鶏肉などから取り掛かったものの、タイミングがつかめません。

悪戦苦闘しながらも、夕飯が出来上がりました!汗だくになりましたが、出来上がったときの気分は最高です。

マウナヴィレッジの夕食は以下のようにボリュームたっぷり!

1.オードブル(チーズフォンデュ)

2.福島県産野菜のポットサラダ

3.バーベキュー料理(福島県産ミート盛り合わせ、魚介類、お野菜)

4.ご飯(肉巻きご飯チーズスティック、焼きおにぎり)

5.豚汁

6.デザート

ひとりで食べるにはなかなかの量でしたが、自分で調理して食べるバーベキューは、格別においしく感じました。一番のオススメだという福島牛は、柔らかくて甘くて本当においしかったです。

最後はハワイアンパンケーキ。たっぷりのフルーツとジャムにホイップクリームを絞って、いただきます!

ちょうど日が暮れてきて、涼しくなって来た中で、雲の流れを見ながらのバーベキュー。最高に贅沢な時間でした。

焚き火でゆったり夜を過ごし、朝は早起きして散歩!

夜になると、外は真っ暗!テントやキャビンにはひっそりと明かりが灯ります。夕飯の後にクラブハウス内の大浴場で気持ちよくその日の疲れを癒やしました。

テントに戻ったら、待ちに待った焚き火タイム!設置された焚き火台で、初めてのソロ焚き火です。木が焼けていくパチパチという音を聞いていると、なぜか癒やされます。

焚き火の火を見ながら、テーブルに部屋にあったランタンを持ってきて、冷たいコーラを飲みながら、ゆっくり手紙を書く時間にしてみました。

この日はお月様がとてもきれいでした。手紙を書き終わったら、テントに戻っておやすみなさい・・・。

そして、グランピングの朝は早い!5時くらいにはすっかり日が昇って、気持ちの良い青い空が広がっていました。

目の前はゴルフ場なので、広々と芝生が広がっています。朝ごはんの時間まで軽く散歩してみました。こんな絵みたいな景色、なかなか味わえませんね。青い空と緑のコントラストが気持ちいい朝です。

テントに戻る途中で、ヴィレッジハウスで朝食セットを受け取ります。小さなクーラーボックスには、朝食の具材たちが用意されていました。

1.モーニングサラダ

2.ソーセージ&ベーコン

3.ボイルドエッグ

4.バゲット

5.バター&フルーツジャム

6.フルーツ

7.飲むヨーグルト(福島県産酪王牛乳のヨーグルト)、コーヒー

朝食もたっぷりメニューです!

ソーセージ、ベーコン、バゲットはバーベキューグリルで火を通していきます。その間に、ほかのサラダなどの準備。

そして、ソーセージとベーコンがこんがり焼けたところで、おいしく朝食が完成しました!

バゲットに野菜やソーセージを挟んで、いただきます!気持ち良い風を感じながら外でいただく朝食は、これまた格別でした。

スパリゾートハワイアンズで最後まで楽しむ!

「マウナヴィレッジ」をチェックアウトした後は、宿泊者専用無料送迎バスの出発時間まで時間がかなりあったので、「スパリゾートハワイアンズ」で遊ぶことにしました。宿泊者には2日分のハワイアンズの入場券がついているんですよ。滞在時はぜひ遊びに行ってみてください!

筆者にとっては初のグランピング体験でしたが、毎日毎日都会で暮らしている筆者にとって、テレビもなく外から聞こえてくる鳥やセミの声、風の音をゆっくり感じられる時間は、それだけで癒やしを感じました。皆さんも、この夏はハワイアンなグランピング体験してみてください!

ハワイアンズグランピング「マウナヴィレッジ」

住所:福島県いわき市渡辺町上釜戸橋ノ上216 スパリゾートハワイアンズ・ゴルフコース

アクセス:車 いわき湯本ICから約5分 東京方面から約2時間

電車 品川・東京・上野=(JR常磐線《ひたち》)=湯本、湯本駅から無料シャトルバスあり

宿泊者専用無料送迎バス(首都圏各地から出発)

詳しくはこちら:https://www.hawaiians.co.jp/otoku/bus/index.html

公式HP:https://www.hawaiians.co.jp/tomaru/maunavillage/



[All Photos By Kaori Simon]




2021/08/05 12:34  Copyright (C) 2019 TABIZINE All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

東京から3時間、山の中でハワイアンな気分のグランピング!「マウナヴィレッジ」宿泊ルポ【福島県】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -日本ナビ-

Copyright(C) 2014-2021 AISE Inc. All Rights Reserved.