ワウネタ海外生活
トップヨーロッパフランス
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
パリに行ったら絶対に食べたいモンブラン【フランス】

アンジェリーナというカフェ・レストランをご存知でしょうか。
モンブランのケーキと、ほぼデザートのようなココアが有名なパリのお店です。
モンブランは手のひらに収まらない程の巨大な大きさで、中にはメレンゲと甘さ控えめで濃厚な生クリームがずっしりと詰まっています。その上から芳醇なマロンペーストがかけられていて、口の中でメレンゲが溶けていき甘さが広がっていくのがなんとも繊細で美しく美味しいのです。

1903年にオーストラリアの菓子職人が創業したパリのティーハウスが1号店で、シャネルの創業者ココ・シャネルなどパリのエリート達が足繁く通う店だったそうです。
現在ではパリにいくつか店舗があり、カフェメインの店舗と、レストランになっている店舗もあります。そしてなんと、ルーブル美術館の中にもアンジェリーナのカフェが入っていて、美術品に囲まれながらティータイムを過ごす事ができます。中にはブティックが併設されている店舗もあり、洋服や小物の販売も行っています。

かつては日本にもカフェ店舗があったのですが、今では東京の有名デパートのデパ地下にてモンブランの販売を行っているだけになっています。
やはりパリの街並みの中で紅茶やココアと共に味わうのが格別なので、パリを訪れた際には絶対にオススメです。






2021/08/16 08:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

パリに行ったら絶対に食べたいモンブラン【フランス】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -フランスナビ-

Copyright(C) 2014-2021 AISE Inc. All Rights Reserved.