ワウネタ海外生活
トップヨーロッパフランス
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
パリで見つけた「クレーム=ブリュレ」3選【フランス】

フランスのデザートであるクレーム・ブリュレ(Crème brûlée)は、フランス語の焦がしたクリームの名称通り、卵とバニラ、砂糖を混ぜ、オーブンで一度焼いたカスタードプリンの上にキャラメルを少し焦がして固めた状態のデザートです。

季節問わずの定番デザートメニューで、価格は約1000円、お店によっても器やサイズが違うことがあります。

Bouillon Racine :St Germain des Pres (6区)
創業100年以上の伝統的なフランス料理を提供している老舗レストランで、高級レストランにも関わらず毎日営業しているので、ランチからディナーまで絶えず常連客が出入りしています。
アールデコで統一された美しい店内は、優雅な雰囲気が漂い、ここで頂ける自家製クレームブリュレは人気のデザートです。
https://bouillonracine.fr/en/home/

Chez Janou:Le Marais (3区)
パリ観光で欠かせないマレ地区周辺には、たくさんの個性的なカフェやレストランがあります。
若きシェフが腕を振るフレンドリーな雰囲気漂う店内にて頂ける、「バニラとオレンジブロッサムのクレームブリュレ」は売れきれ次第で注文できないこともしばしば。
当店自慢のクリームブリュレはオレンジの爽やかな酸味が、クリームの後味をスッキリさせてくれます。

https://www.chezjanou.com/

La Fontaine de Mars: Eiffel Tower(7区)
パリのランドマークであるエッフェル塔近くにある老舗ビストロで、旬の素材をふんだんに使った創作フレンチが人気です。
当店の食事後の締めは特製クリームブリュレがおすすめです。
http://www.fontainedemars.com/




2021/09/08 08:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

パリで見つけた「クレーム=ブリュレ」3選【フランス】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -フランスナビ-

Copyright(C) 2014-2021 AISE Inc. All Rights Reserved.