ワウネタ海外生活
トップ中南米メキシコ
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
お土産に灰皿はいかがですか【メキシコ】

電子タバコが普及していないメキシコでは、愛煙家のほとんどが紙巻きたばこを利用しています。
当然、吸い殻を捨てるための灰皿が必要になりますが、お土産物屋さんに行くと灰皿がさまざまなデザインで販売されています。

メキシコらしいデザインで安いものであれば100円程度から、高級な焼き物を利用した灰皿もあります。
灰皿は愛煙家が利用するものというイメージがありますが、メキシコで販売されているものは、灰を捨てるだけでなく小物を置く皿としても十分に使えそうなデザインです。
そのため、お土産物として買って帰る人、小物入れとして地方を巡ったときにコレクションをしている人もいます。

メキシコ人の中にも灰皿をコレクターとしている人は多く、旅先のお土産として渡す人も多くいます。
セルビン焼きやタラベラ焼きなどで作られた灰皿は見た目も素晴らしく、たばこを置くくぼみがついていないものも多いので、自宅のインテリアとして私も愛用しています。




2021/09/25 19:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

お土産に灰皿はいかがですか【メキシコ】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -メキシコナビ-

Copyright(C) 2014-2021 AISE Inc. All Rights Reserved.