ワウネタ海外生活
トップアジアタイ
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
【日本人が知らない神社の秘密4】日本最古の神社ってどこ?

日本最古の神社は奈良の大神神社

現存している日本で最も古い神社は、奈良県桜井市にある大神神社だ。本殿は持たない。鳥居と、拝殿だけで構成されている。拝殿の奥にある三ツ鳥居から仰ぎ見る聖山、三輪山そのものがご神体であり、信仰の対象なのだ。いまでも原始神道の祈りのスタイルを受け継いでいる、日本でも珍しい神社なのである。正確な創建年は不明だが『古事記』『日本書紀』には記述が残されている。いわく、大国主大神が、日本の国づくりを成就させるため、三輪山に大物主神を祀ったことがはじまりなのだという。神話の時代から続く神社なのだ。

三輪山は標高467メートルと小ぶりだが、美しい円錐形をしており、古代から神の宿る山として崇められてきた。また山中には無数の巨石が点在していて、磐座信仰ともつながり、神なる山として信仰されるようになっていった。祭祀の跡と思われる遺跡も多数出土している。

一般人の入山が許可されたのは明治以降

聖地として長い歴史を重ねてきた三輪山は、かつては特別な許可を受けた神職しか入れなかった。一般人の入山が許可されたのは明治以降だ。現在では誰でも訪れることができるが、撮影は一切禁止、水分補給以外の飲食も禁止、さらに山にあるすべての生命に神が宿るという観念から、草一本ですら採取を禁止されている。事前の受付も必要だ。単なる登山やハイキングとは違うのだ。

なお建築物として最も古い神社は、京都府宇治市にある宇治上神社だ。本殿は平安時代後期に築造されたという。

【出典】

『日本人が知らない神社の秘密』(火田博文・著/彩図社)

[All photos by Shutterstock.com]




2021/08/31 21:03  Copyright (C) 2019 TABIZINE All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

【日本人が知らない神社の秘密4】日本最古の神社ってどこ? | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -タイナビ-

Copyright(C) 2014-2021 AISE Inc. All Rights Reserved.