ワウネタ海外生活
トップオセアニアニュージーランド
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
庭は別料金⁉︎ニュージーランド新築失敗談【ニュージーランド】

ニュージーランドで家を建てるとき、さまざまなプランがあります。
持っている土地に家を建てたり、土地と家のパッケージで購入したり、状況によって選ぶプランが異なります。
今回、土地と家のパッケージで家を建てた失敗談を紹介します。

ニュージーランドで新型コロナウイルスの影響が収まってきた2020年6月。
家を建てるために不動産屋を訪れました。
土地を選び、外装や内装のプランを相談。
うまく行けば2021年2月には引き渡せると言われました。
しかし、ここはニュージーランド。
日本のようにスムーズには行きません。


途中、経済首都オークランドのロックダウンなどがあり、資材の調達がストップしたこともあり、引き渡しは8月となりました。
新築の香りがする家でバタバタと引っ越しを終わらせ、あることに気が付きます。「庭がない。」

私たちの選んだプランにはランドスケーピング、つまり庭を整備することが入っていませんでした。
日本で家を建てると言えば、もちろん庭もキレイにされているイメージだったのですっかり失念。

入居が終わってから依頼を始めましたが、どこも忙しく2〜3ヶ月待ちとなりました。
雨が降るとあちこちに水溜りが出来るほどデコボコなので、せめてランドスケーピングの業者に依頼できるまで、自分たちで水溜りを埋める毎日です。




2021/11/09 08:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

庭は別料金⁉︎ニュージーランド新築失敗談【ニュージーランド】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -ニュージーランドナビ-

Copyright(C) 2014-2021 AISE Inc. All Rights Reserved.