ワウネタ海外生活
トップアジア日本
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
都内でバラの香りに包まれる!今しか体験できない花散歩「四季の香 ローズガーデン」【光が丘】

2021年10月9日~31日まで「AUTUMN FESTIVAL」開催中

2016年開園、2021年春に広さを拡張してリニューアルした「四季の香 ローズガーデン」。

「香りのローズガーデン」「⾊彩のローズガーデン」「⾹りのハーブガーデン」の3つのエリアからなり、ガーデナーさんが丁寧に育てる約320品種460株のバラのほか、季節ごとにさまざまなお花が咲き誇ります。

伺ったのはイベント初日。「香りのローズガーデン」は緑が多いように感じますが、近づくにつれ彩りが増え、香りも強くなっていきました!

写真提供:四季の香 ローズガーデン

中央は芝生が広がる絶好のフォトスポット!

バラの写真展示とパンフレットもあるので、1冊を手にとり花鑑賞をいたしましょう。

秋バラが見頃の10月下旬〜11月中旬。春ほどの花数ではないものの、気温が低いのでゆっくり花開き、香りも飛びにくいのが特徴とのこと。

こちらでは、バラを6種の香りにわけて造られているので、顔を近づけて香りを楽しむことができます。

⽢い香りが特徴の「ダマスク」、紅茶のような上品で優雅な「ティー」、

濃厚で芳醇な甘さが特徴の「ブルー」、果実のように爽やかな「フルーティー」、

スパイスのクローブのような落ち着いた印象の「スパイシー」、ハーブのアニスのような甘さを抑えた「ミルラ」。

戦後は大輪のバラが多かったようですが、近年はほかのお花との組み合わせを楽しめる中輪のバラが人気のようです。

蓮のような花びらだったり形もさまざま。

現代も青バラを生み出すのは難しいようです。藤色のバラ「夜来香(イエライシャン)」は、深く落ち着いた香りで気持ちも穏やかに。

ほかと違うのは「パウル・クレー」。数々のコンテストで受賞歴がある育種家であり、当園のチーフガーデナーの忽滑谷史記(ぬかりや ふみのり)さんが作られたバラで、交配を繰り返し5年ほどかかるそう!

フリルのような花びらに、ピンクとオレンジが混ざるような色合いで、フルーティーで甘い香りをまとっています。

空に向かう姿は、華やかで気高い。歩くごとに香りが変わり、香水に包まれるようなファンタジーな体験が待っています。

色を楽しむ「色彩のローズガーデン」

パレットのように花色ごとにバラを配置した「色彩のローズガーデン」。バラ以外の花々もたくさん植えられているので、四季の花々がいつでも迎えてくれます。

一見白一色の「ホワイト」は、実は、ピンクや黄色などをかすかに含み、純白のものは少ないそう。

「イエロー&アプリコット」は、淡いものから鮮やかなものまで。

淡く濃く「ピンク」の色幅は豊富です。

紫やバイオレットがそろう「ブルー」。小鹿の像がメルヘン!

花の中央に斑紋があるバラ品種を集めた「ブロッチ」。

日本的な朱色からパープルレッドまで「レッド」もいろいろ。

忽滑谷さん作のオリジナルのシンボルローズ「四季の香」は、ピンクと黄色の“絞り咲き”で、木洩れ日の暖かい光と光が丘をイメージして創られたそうです。見ているだけで気持ちもポカポカしてきます。

「四季の香」は、ハロウィンでにぎわうアーチのフォトスポットに植えられています。これから咲き出すのが待ち遠しいですね。

虹の森を散歩している気分になる花のグラデーション。きっと心惹かれる品種とも出会えることでしょう。

五感で楽しむ「香りのハーブガーデン」

最後に、お向かいのハーブガーデンへ。

こちらも、ラベンダー、レモンバーム、ローズマリーなど多種多様。

アーチの上には、ビールの原料となるホップが巻き付いています。

手洗い場もあるので、そっと触れて五感でハーブを体感。お花のお庭とは違う爽快な香りでリフレッシュ!

休憩スポットやイベント開催も

園内の「講習棟」では、園芸用品の販売、お花や植物の相談所、キッズスペースがあり休憩ができます。

練馬産ハチミツや味噌蔵「糀屋三郎右衛門」の味噌を使った、光が丘にあるホテルの焼き菓子、ハーブとアロマテラピー専門店「生活の木」のハーブティーなどを販売(期間中、土日限定。ドリンクテイクアウト可能)。

ガーデナーさんのツアー、弦楽四重奏のコンサートなども催しもあるので、HPにてチェックしてみてください!

都会と癒やしの距離感がちょうどいい光が丘。ベンチも多く、3つのお庭を巡っても疲れず気分転換ができました。

日を追うごとに秋バラもどんどん咲き、イベントが終了しても四季のお花は咲くので楽しみは続きます。最も香り高いといわれる午前中に訪れて、心身ともに癒やされてみませんか?

【参考】

若手バラ育種家の忽滑谷 史記さんが伝える、見て、育てて楽しむバラのお話(第一園芸 花毎):https://www.hanagoto.daiichi-engei.jp/rose

四季の香ローズガーデン「AUTUMN FESTIVAL」

開催期間:2021年10月9日~10月31日

開催時間:9:00~18:00

開催場所:練馬区立四季の香ローズガーデン

住所:東京都練馬区光が丘5-2-6

通常開園時間:9:00〜17:00

休園日:⽕曜(祝休⽇の場合、直後の祝休⽇でない⽇)、年末年始(12⽉29⽇〜1⽉3⽇)

※期間中は火曜日も開園

HP:https://www.shikinokaori-rose-garden.com/

Instagram:@shikinokaori_rosegarden

[(写真提供以外)all photos by kurisencho]




2021/10/18 18:55  Copyright (C) 2019 TABIZINE All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

都内でバラの香りに包まれる!今しか体験できない花散歩「四季の香 ローズガーデン」【光が丘】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -日本ナビ-

Copyright(C) 2014-2021 AISE Inc. All Rights Reserved.