ワウネタ海外生活
トップヨーロッパスイス
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
【10月29日】今日は何の日?ドリアの日

© Shutterstock.com

ドリアの日

バターライスに海老のクリーム煮を乗せ、グラタンソースにチーズをかけてオーブンで焼いたドリアは、今では洋食の人気メニューですが、もともとは神奈川県横浜市で1927年に開業した老舗ホテル「ホテルニューグランド」の初代総料理長を務めたサリー・ワイル氏が考案した料理です。

滞在していた銀行家から「体調が良くないので、なにかのど越しの良いものを」との要望を受けて即興で創作した一皿がドリアでした。好評だったこの料理は「シュリンプドリア」としてホテルのレギュラーメニューになり、名物料理のひとつとして今日まで愛され続けています。サリー・ワイル氏がスイスから来日した1927年10月29日にちなんで、「ホテルニューグランド」を運営するホテルニューグランドが、10月29日をドリアの日と制定しました。

国産とり肉の日

日本食鳥協会が国産とり肉の安全性や美味しさをPRするために制定。国産とり肉は食鳥検査法によって1羽1羽に対して3段階の厳しい検査を行い、合格した安全なものだけが出荷されます。日付は干支の10番目が酉(とり)であるため10月に、肉の語呂合わせから29日としました。

※画像はイメージです © Shutterstock.com

協力:日本記念日協会




2021/10/28 16:55  Copyright (C) 2019 TABIZINE All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

【10月29日】今日は何の日?ドリアの日 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -スイスナビ-

Copyright(C) 2014-2021 AISE Inc. All Rights Reserved.