ワウネタ海外生活
トップアジア日本
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
1泊8千円でリゾート気分を満喫!「ララマーレ古宇利」で沖縄・古宇利島を堪能

沖縄本島から車で行ける離島、古宇利島ってどんなところ?

沖縄本島北部、西に突き出た本部半島の沖合に佇む「古宇利島」。一周約8kmと小さく、ほぼ円形の島です。周囲に広がるのはきらきらと輝く美しい海。2005年に古宇利大橋が架けられたことで、クルマで渡れる絶景の離島として注目を集めます。

2021年には沖縄自動車道と北部エリアをつなぐ「名護東道路」の開通により、那覇からのアクセスもぐっと良好に。古宇利大橋は全長1,960mと本島の橋ではもっとも長く、ドライブコースとしても人気。まっすぐに伸びる海の道を進めば、なんだか空へ向かうような高揚感を覚えることでしょう。

古宇利島には5つのビーチが点在。橋のふもとにあるファミリー向けの古宇利ビーチから、手つかずの自然が残る静かなビーチまで、実に多彩です。

中でも人気を集めるのが島の北側のティーヌ浜。2つの岩は重なる角度で眺めるとハートに見えることから「ハートロック」という愛称で親しまれています。2014年、嵐が出演したJALのCMロケ地としても有名。

橋の開通によって徐々に観光地化が進んでいるものの、賑やかなエリアを少し離れれば、サトウキビ畑やカボチャ畑などのどかな風景が広がります。素朴な沖縄の暮らしとリゾートが溶け合う姿もまた古宇利島の魅力と言えるはず。

リーズナブルにリゾート気分を堪能

さて、前置きが長くなりましたが、こちらが筆者がおすすめしたい「ララマーレ古宇利」。オープンは2020年とあって、館内はどこもぴかぴか。島の高台に位置しており、すべての部屋からエメラルドブルーに輝く海を見渡すことができます。

客室は全16室とほどよい規模感ゆえに、落ち着いて過ごしやすいのも◯。いわゆるラグジュアリー系ではなく、プールもありません。とはいえ、時期によっては1泊8千円代からで宿泊できるのですから、リゾート気分を気軽に味わいときに最適でしょう。

宿泊したのはデラックスダブル。36.5平方メートルとゆったり広々。白を基調とした空間は開放感もひとしおです。ハンギングチェアは座り心地がよく安定感もバッチリ。リゾート気分を盛り上げてくれるだけでなく、意外なまでPC作業がはかどりました。シモンズ製ベッドは包み込まれるようなふかふか感で、至福の寝心地。

他にはセミダブルベッド2台のツイン、最大3名まで利用できるスーペリアツインも用意。カップル、女子旅、ファミリーと旅スタイルに合わせて選べますよ。

窓の向こうに広がるのは青い空と海のパノラマビュー。部屋に入った瞬間、目に飛び込んでくる爽快な景色に、きっと感嘆のため息が漏れることでしょう。

テラスにはテーブルとチェアが備わります。柔らかな陽に包まれながらコーヒーを飲んだり、本を読んだり、あるいは仕事したり……。思い思いの時間を過ごしたいところ。

洗面台周りはモダンなデザインで、使い勝手も抜群。アメニティは最低限のアイテムのみですが、必要があればフロントでコットンや綿棒をいただけます。

バスルームもゆとりある広さ。個人的にヒットしたのがシャワーパネル。ハンドシャワーやオーバーヘッドシャワーにくわえ、側面から横方向に湯が出てくるボディシャワー、フットシャワーが付いたスグレモノでした。聞けば、湯船につかるように全身を効率よく温められるのだとか。

冷蔵庫やケトル、アイスペールも完備。部屋飲みに重宝しそうなワイングラスも。

特筆すべきは、屋上にあるサンセットテラス。360度開けていて、サンセットはもちろん晴れた日には遠方の離島も一望できます。ドリンクやフードの持ち込みもOK。日々の喧騒を忘れて、ビールを片手にスローな時間を楽しみましょう。

朝食は客室へのデリバリースタイル。お洒落なバスケットで届けられます。パン数種にスクランブルエッグ、ソーセージ、サラダ、ヨーグルトに好みのドリンク。パンはサーブ直前に焼き上げられるので小麦の風味もより豊か。多彩な美味を味わいながら、エメラルドブルーの海を眺めるひと時は、これぞ極楽です。

ロケーション良し、眺望良し、雰囲気良しでリーズナブルな価格帯。ひとり旅やカップル、ファミリーはもちろん、ワーケーションでの利用にも重宝しそうです。ほどよいリゾート感を満喫できる「ララマーレ古宇利」、次の古宇利島旅の選択肢に加えてみてはいかがでしょうか?

lalamare古宇利(ララマーレコウリ)

住所:沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利55-1

TEL:0980-56-3232

URL:http://lalamare.com/

取材協力/今帰仁村観光協会

http://www.nakijinson.jp/




2022/02/18 16:10  Copyright (C) 2019 TABIZINE All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

1泊8千円でリゾート気分を満喫!「ララマーレ古宇利」で沖縄・古宇利島を堪能 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -日本ナビ-

Copyright(C) 2014-2022 AISE Inc. All Rights Reserved.