ワウネタ海外生活
トップアジアモルディブ
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
コロナ禍に旅したモルディブはマスクなしの別世界!その2「メルキュール・モルディブ・クッドゥ」

 

なぜ、世界の旅人はコロナ禍にモルディブを選ぶの?

世界のツーリストはなぜコロナ禍のリゾート滞在にモルディブを選ぶのか。それは、モルディブという特殊な国の環境にあります。

1,200余りの環礁の島からなるモルディブ共和国。人が住むのは約200島で、そのうち156の島は1つの島に1つのリゾート(ワンアイランド・ワンリゾート)をコンセプトとするホテルです。

もともと、リゾートホテルは宿泊ゲストのプライバシーを重視して設計されているので、コロナ禍のキーワード「ソーシャルディスタンス」が保ちやすいのが特徴の一つ。観光客は、入国後は首都マーレのヴェラナ国際空港から水上飛行機や高速ボートで直接目的の島へ向かうため、感染リスクも低いのです。だから、広々としたリゾートホテルで堂々とマスクを外して、バケーションを満喫できるというわけです。

フレンチテイストの明るくオシャレな空間は、女子好み!

最初に泊まった「プルマン・モルディブ・マームター・リゾート」からボートで約15分、モルディブ初日に来たクゥドゥ空港があるクッドゥ島(Koodoo)に戻り、そこからバギーで約3分。4つ星リゾートホテル「メルキュール・モルディブ・クッドゥ」に到着しました。ちなみに、このホテルから空港まではバギーでたったの5分。モルディブのリゾートで、空港から車でアクセスできる、希少なリゾートです。

フェリー乗り場からトロピカルガーデンをバギーで通り抜けて玄関に到着すると、モルディブ伝統建築を模したみごとなエントランス! 

床のコロニアル風タイルにシンボルカラーのイエローが映え、モダンでこ洒落たメルキュール独自のインテリアに魅せられました。

1つ目のプルマンに比べるとコンパクトで気軽な印象。ヴィラは全70室、全敷地内は歩いて回れるサイズ感。こちらが宿泊した、ビーチヴィラのお部屋です。

ヤシの木が繁るプライベートガーデンを出ると、紺碧のビーチ! テンションも上がります。

小さな木張りのバルコニーもついていて、ここで毎朝、ストレッチやヨガができます。

もちろん、ここもオールインクルーシブ。ミニバーや引き出しのお菓子は全部料金に含まれています。そうそう、ここにはポテチあってうれしかった(笑)

シャワールームの床のタイルも気に入りました。ダブルシンク付きなので、二人で使っても準備に時間はかかりません。

そして、いちばんお気に入りの場所が、オープンエアーの浴槽とヤシの木の葉の下のレインシャワー。波音を聞きながら入る泡風呂は、至福のひととき。ディナー前の時間をいつもここで過ごしていました。

どこを見てもアツアツのカップル!ハネムーンの地モルディブを実感!

こちらは、ゲストが集まるメインプール。長さが40mくらいはあって、ジムでいつも泳いでいるという人にとってはうれしい限り。

遠くに水上ヴィラを見る、インフィニティプール。どこを撮っても絵になります。

こちらはハネムーナーが目立ちました。若いアツアツのカップルから、熟年カップルまで。モルディブは日本人にも有数のハネムーンのメッカであること思い出しました!

レストランもトリコロールカラーでセンスよし!

こちらがメインレストラン「アリタ(Alita)」。

すぐそばにはプールバーもあって、デッキチェアに寝そべって時には泳いで、ただただ海を眺めて、喉が渇いたら支払いは気にせずに好きなドリンクをオーダー! オールインクルーシブ、もう病みつきですよ。

プールバーのスナックフードも充実しています。こちらはチキンサテー。

エビフライとシーザーサラダも最高に美味。外に出たくないときは部屋食にしましたが、ミニバーのワインもあるので満足!

シグニチャーレストランは、イアリア料理のビスタス(Vistas)。ラムグリルは、新鮮で柔らかく超美味でした!

スパのクオリティ、最高でした

こちらの「スヴァディバ・スパ(Suva Diva Spa)」、これまでいろいろな国のスパで施術を受けてきましたが、セラピストの質は最高でした。

スポーツマッサージを受けて、翌日肩こりが解消。毎日でも受けたいくらいでした。

シェフガーデンで作る野菜たち

ホテルフロントの前に、シェフガーデンがあります。ほうれん草、ナス、キャベツ、レタス、アロエ、ミント、レモングラスなど、全30種。バナナやパパイヤ、ヤムイモまで!

こちらガーデナーのラフマンさん。育て方のコツを聞くと、草むしりと朝夕2回の水やり。ということでした! 珍しいモルディブならではのハーブや野菜が見られて楽しいですよ。

部屋から毎晩堪能した夕陽

こちらがビーチヴィラから見えるサンセット。お風呂後は、部屋のスピリッツ類でジンライムを作って、このドラマティックな夕日を眺めていました。

部屋にいるときに、スタッフが「ココヤシを落としますけど、ココジュース飲みますか?」と、ヤシの木に登って、フレッシュなココジュースをプレゼントしてくれました。

何もかもが、非日常。アフターコロナにハネムーンを考えている方、友人との女子旅、グループ旅に、ぜひ、訪れてみませんか。(写真はロマンティックディナーセッティング用のテーブル)

※モルディブ入国には2022年2月28日現在、パスポートなどの情報と健康状態申告をIMUGA というポータルサイトから入国前48時間以内に入力をする必要があります。PCR検査陰性証明書(出発前96時間以内)、ワクチン接種証明書、本人写真を添付して送信します。詳細はモルディブ政府観光局(英語)へ。

取材協力:モルディブ政府観光局

●メリキュール・モルディブ・クッドウ・リゾート

Mercure Maldives Kooddoo Resort

住所:Gaafu Alifu Atoll, 20219 KOODDOO ISLAND MALDIVES

電話:+9606820003

HP:https://all.accor.com/hotel/9923/index.en.shtml?

[All photos by SACHIKO SUZUKI]

 




2022/03/01 10:06  Copyright (C) 2019 TABIZINE All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

コロナ禍に旅したモルディブはマスクなしの別世界!その2「メルキュール・モルディブ・クッドゥ」 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -モルディブナビ-

Copyright(C) 2014-2022 AISE Inc. All Rights Reserved.