ワウネタ海外生活
トップアジアネパール
ネパールの国民食とも言えるダルバートを食べてみよう【ネパール】

ネパールってどんなものを食べているの?とよく聞かれますが、ほとんどのネパール人が毎日食べているものが、これ、ダルバートと呼ばれるもの。
朝晩2回毎日ダルバートだけという家庭も少なくありませんから、これはもうネパールの国民食と言ってもいいでしょう。
基本は、ご飯(ネパール語でバート)、豆のスープ(ネパール語でダル)、カレー味の野菜の煮付けあるいはカレー味の野菜の炒め物(ネパール語でタルカリ)に付け合せがひとつ、あるいは数品ついてきます。
別途料金を払うとチキンやヤギのカレーもついてきます。
カレー定食風なものといえば、イメージしやすいでしょうか?


ツーリストレストランなどでダルバートをオーダーすると、ちょっとしゃれた銅のお皿に盛り付けられて、付け合せに青菜の炒め物、ネパール風サラダのようなもの、ネパール風野菜のオイル漬けやトマトの唐辛子入りソースのようなものなどがついてきます。
ローカルレストランでは、大皿に全部が一度に盛られて出てきて、ネパール人たちは、ご飯とおかずを手で混ぜ混ぜしながら豪快に食べます。
しかも、ローカルレストランの場合は、お肉以外はお代わり自由。
食べ盛りの若者には嬉しい限りです。
せっかくネパールに来たなら、国民食ダルバートは一回は食べてみたいもの。
お腹に自信のある方はぜひローカルレストランで、そうでない方はツーリストレストランでお試しください。




2016/09/15 20:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

ネパールの国民食とも言えるダルバートを食べてみよう【ネパール】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -ネパールナビ-

Copyright(C) 2015-2019 AISE Inc. All Rights Reserved.