ワウネタ海外生活
トップアジアネパール
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
ポカラのバックパッカーは南東から北西へ、カーレの先へと移動する【ネパール】

ネパールはバックパッカーが多い国です。
1970年代、かつてポカラはヒッピーの聖地とさえ言われていました。
今では、彼らの思想を受け継ぐ若者は減りましたが、今もなお、8000メートル級のヒマラヤの麓に位置する湖のある町、ポカラは多くのバックパッカーに人気があります。

ついほんの20年前までポカラのダムサイドがバックパッカーエリアでありました。
でも、レストランや土産物屋が多いレイクサイドに徐々に人気を奪われ、ダムサイドはすっかりさびれてしまいました。
そのかわりにレイクサイドの北西、カーレ、そしてその先のサランコットの麓の村々に徐々にバックバッカーが移動し始め、いまや、ダムサイドに代わる新しい長期滞在のバックパッカーエリアとなっています。


バックパッカーが好きそうなヒッピースタイルの洋服や、ヘンプのバッグ類が売っている店や、いまだにドミトリールームもある安宿に一応豆のコーヒーが飲めるカフェ、トランスミュージックが流れるクラブなどが集まって、いまや、レイクサイドのメインストリートよりも多くの人を集めるまでに!
2〜3ヶ月ヨガや瞑想をして過ごしたいという長期滞在の外国人にも人気のエリアです。




2016/09/26 05:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

ポカラのバックパッカーは南東から北西へ、カーレの先へと移動する【ネパール】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -ネパールナビ-

Copyright(C) 2014-2022 AISE Inc. All Rights Reserved.