ワウネタ海外生活
トップ北米アメリカ
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
【ニューヨーク旅学事典15】夏の幻想「コニーアイランド」

2015年8月5日 コニーアイランド ビーチ

■あわせて読みたい

あなたはいくつ知ってる?ニューヨークの「行くべき・見るべき観光スポット」

 

コニーアイランドとは

2003年7月7日 アストロランド(現ルナパーク)のサイクロンコースター

「コニーアイランド」は、ニューヨーク市ブルックリンにある庶民ニューヨーカー御用達の夏のリゾート地。

●大西洋に面した無料のビーチ

●レトロな遊園地(Luna Park)

●水族館(New York Aquarium)

●見世物小屋(Coney Island Circus Sideshow)

●海沿いに歩けるボードウォーク

●ホットドッグ・スタンドやビーチ・バー 

があります。

地下鉄1本で行け、きれいでないにせよ無料のビーチがあり、お金がなくても夏の小旅行気分を楽しめます。夏が近づくと、「コニーアイランド行ってきた」が庶民ニューヨーカーのトレンドワードに。独立記念日に行われるホットドッグ早食い選手権(Nathan’s Hot Dog Eating Contest)の開催地でもあります。

コニーアイランドはどこにある

2015年8月5日  地下鉄 D/F/N/Qラインの終着駅コニーアイランド(Coney Island – Stillwell Avenue)

「コニーアイランド」は、ニューヨーク市ブルックリン区の最南端にあります。地下鉄D/F/N/Qラインのコニーアイランド(Coney Island – Stillwell Avenue)行きに乗車、マンハッタンのミッドタウンから45~60分で到着。

コニーアイランド(Coney Island)

住所:Surf Ave. Brooklyn NY 11224

公式サイト:https://www.coneyisland.com

コニーアイランドの歴史

2003年7月7日 ビーチサイドには、買食いの魅力も

1829年 上流階級のゲストのために、馬車道からアクセスできるコニーアイランドハウスが建設。続いてオリエンタルホテル、ブライトンビーチホテル、マンハッタンビーチホテルなど豪華ホテルがシーサイドに出現

1875年 鉄道と蒸気船の開通により、裕福なニューヨーカーの人気エリアとなる

1884年 アメリカで最初のジェットコースターが登場

1885年〜1896年 象の形をした「エレファント・ホテル」が営業

1895〜1896年 火災が頻繁に発生

1897年以降 遊園地建設ラッシュになる 

スティープルチェース・パーク Steeplechase Park(1897-1964年)

ドリームランド Dreamland(1904-1911年)

ルナ・パーク Luna Park(1903-1946年)

1916年 ネイサンズのホットドッグ・スタンドがオープン

1920年 複数の地下鉄の終着駅として拡張

1930年代 世界大恐慌により庶民の消費金額が減少し、遊園地が破産

1950年代 ストリートギャング問題が勃発、治安の悪化

1960〜1970年代 都市計画により、低所得者と中間所得者のアパートが建設

1983年 マーメイドパレードが開催

2018年5月15日 遊歩道ボードウォークが、ニューヨーク市の景観の歴史建造物に決定

2003年7月7日 アストロランド(現ルナパーク)

コニーアイランドのトリビア

2003年7月7日 コニーアイランド フリークショー(見世物小屋)

ニューヨークの人魚はナミじゃない

(C) Coney Island USA

1983年より開催され、2022年で40回目のブルックリンの夏の風物詩「マーメイドパレード(Mermaid Parade)」。

童話「人魚姫」に出てくるような清純で可憐な人魚とは違い、かなり個性的なニューヨークの人魚たちが登場。イメージとしては、ハロウィンとゲイパレードをミックスした感じ。梅雨時期ゆえほぼ毎年雨の中行われますが、人魚に水はつきものというところでしょうか。

第40回マーメイドパレード(人魚コンテスト)

日時:2022年6月18日(土曜日)13時より開催

スタート場所:West 21st Street and Surf Avenue

参加:要予約。参加費30ドル〜

https://www.coneyisland.com/mermaidparaderegistration2022

ホットドッグ大食い大会が開催

2003年7月7日 ネイサンズのホットドッグ

2015年8月5日 歴代のホットドッグ大食いチャンピオン

2022年のホットドッグ大食い大会は、独立記念日(2022年7月4日)に行われます。日本人小林尊(こばやしたける)さんは数回優勝し、殿堂入りチャンピオンに。

ネイサンズ コニー・アイランド本店(CONEY ISLAND NATHAN’S FAMOUS)

1310 Surf Ave

Brooklyn, NY 11224

ネイサンズ ボードウォーク店(BOARDWALK NATHAN’S FAMOUS)

1205 Boardwalk

Brooklyn, NY 11224

[Nathan‘s  https://nathansfamous.com]

名前の由来はウサギがいた島

地名の由来は、オランダ語の"Konijn Eiland"で「ウサギの島」の意。昔はウサギが多く生息していたから。

アメリカ最初のジェットコースター

1884年6月16日、アメリカで最初のジェットコースターが、ニューヨーク州ブルックリンのコニーアイランドにオープン。

奇妙な象のホテルがあった

https://youtu.be/Bq3QTEnVYJg

Was there Ever a Tin Hotel for Prostitutes, Shaped Like a Giant Elephant?  NYC Media

1885年、Surf Avenue and West 12th Streetに、エレファント・ホテルが誕生。12階建てのホテルの展望台では10セント支払うと、望遠鏡になっている象の目を通してニューヨーク市の景色を楽しめました。奇妙な象のホテルはそれほど観光客に人気は出ず、地元では「売春宿」と呼ばれるようになり、「象を見に行く」とは「ホテルで売春婦を買う」を意味するスラングに。1896年火事により消失。

コニーアイランド 19年前へタイムスリップ

2003年7月7日 コニーアイランド ビーチ

2003年7月7日 コニーアイランド ボードウォーク 2012年の台風「ハリケーン・サンディー」により損壊され、改修工事は長期に渡った

地下鉄1本で行けて、日帰りでたっぷり楽しめるコニーアイランド。ニューヨーク州にはロングアイランドのジョーンズビーチ(有料)やナッソーのロングビーチ(有料)など綺麗なビーチもありますが、筆者のような庶民ニューヨーカーは、ごちゃごちゃして、いかがわしくて、胸まで浸かるのは不衛生なんじゃないかと思えるビーチがあるコニーアイランドを愛してやみません。ここでは白人を見ることはほぼなく、ラテン系か有色人種がほとんど。

ビーチに気に入ったスペースを見つけたら、ホットドッグやベーコンとチーズがたっぷりかかったフレンチフライを買いに走り、潮風を受けながらボードウォークを歩き、シメにビーチバーで喉を潤せば最高の夏の日に。懐にちょっぴり余裕があれば、浅草花やしきを彷彿とさせる遊園地で遊んだり、勇気のあるあなたは見世物小屋を見るのも良いでしょう。夏に求めるものすべてが詰まっているコニーアイランド、夏が近づくと無性に行きたくて焦がれます。

ニューヨーク市の景色は進化し続けています。次回のニューヨーク旅学事典は「チャイナタウン」を予定。続けて読んでいただくとうれしいです。

[All Photos by Hideyuki Tatebayashi ] Do not use images without permission.

参照

コニーアイランド(Coney Island) 公式サイト

Was There Ever a Hotel for Prostitutes, Shaped Like a Giant Elephant? New-York Historical Society

How West Brighton became 'Coney Island' HEARTOFCONEYISLAND.COM

The wild ride that is Coney Island’s history Brooklyn Based

■あわせて読みたい

【ニューヨーク旅学事典14】世界屈指の芸術の殿堂「リンカーン・センター」

【ニューヨーク旅学事典13】ニューヨークの春を楽しむ「リバーサイド・パーク」

【ニューヨーク旅学事典12】米大富豪の財力を示す世界最大級の私立美術館「メトロポリタン美術館」

【ニューヨーク旅学事典11】ニューヨークの知性「ニューヨーク公共図書館」

【ニューヨーク旅学事典10】夜空に佇むスタイリッシュな貴婦人「クライスラー・ビルディング」

【ニューヨーク旅学事典9】夢と現実をつなぐ橋「ブルックリン・ブリッジ」

【ニューヨーク旅学事典8】希望のあかりを灯し続ける「自由の女神」

【ニューヨーク旅学事典7】NYCの中にある都市「ロックフェラー・センター」

【ニューヨーク旅学事典6】世界一多く撮られているエンパイア・ステート・ビルディング

【ニューヨーク旅学事典5】人と旅をつなぐグランド・セントラル・ターミナル

【ニューヨーク旅学事典4】セントラルパークは森や劇場もある住民のオアシス

【ニューヨーク旅学事典3】タイムズスクエア・犯罪の温床から観光客の街へ

【ニューヨーク旅学事典2】マンハッタンの名前の由来は「多くの丘がある島」

【ニューヨーク旅学事典1】アメリカ最大都市の名前の由来、歴史、街の変化




2022/05/18 17:51  Copyright (C) 2019 TABIZINE All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

【ニューヨーク旅学事典15】夏の幻想「コニーアイランド」 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -アメリカナビ-

Copyright(C) 2014-2022 AISE Inc. All Rights Reserved.