ワウネタ海外生活
トップアジアマレーシア
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
優しい甘さがクセになる「カヤジャム」【マレーシア】

マレーシア人が朝のトーストにつけるもの、と言えば「カヤジャム」です。
ココナッツミルクを使ったジャムです。
こちらはマレーシアのお土産の定番でもあります。
材料はココナッツミルクに、卵と砂糖と、とてもシンプル。
これに、パンダンリーフ(緑のバニラのような香りの植物)を加えたバージョンも人気です。


マレーシアの人たちは朝ごはんに「カヤトースト」をよく食べます。
表面がこんがり色づくまで焼いたトーストに、3mmぐらいバターを塗ってカヤジャムを挟んだものです。
バターのしょっぱさとカヤの甘さがとてもいいバランスです。
カヤは甘さ控えめのカスタードクリームといった味でしょうか。
苦目のコーヒーとよく合います。


カヤジャムは、スーパーなどで簡単に購入できます。
ちょっと試すにはプラスチックに入っているパンメーカーが出しているものがいいでしょう。
缶入りは定番商品でお土産にも向いていますが、無添加なので早めに消費しなくてはいけません。

個人的には、フレンチトーストスタイルでいただくカヤトーストが1番美味しいと思います。
ただカロリーが非常に高いので、年に数回の自分へのご褒美で食べる程度にしておくことをおすすめします。




2022/05/24 19:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

優しい甘さがクセになる「カヤジャム」【マレーシア】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -マレーシアナビ-

Copyright(C) 2014-2022 AISE Inc. All Rights Reserved.