ワウネタ海外生活
トップヨーロッパスペイン
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
噂の朝食も徹底レポ!沖縄の南欧風リゾート「ホテル日航アリビラ」で癒し時間

photo by ホテル日航アリビラ

トレードマークは「スパニッシュコロニアル」な建物

photo by ホテル日航アリビラ

読谷村は、沖縄では夕日の景勝地として名高い残波岬を有する中部エリアのリゾート地。琉球の歴史を感じる座喜味城跡や、魚や花をモチーフにした素朴でおおらかな絵付けを特徴とする、沖縄の伝統的な焼き物“やちむん”の陶芸窯元が集まる地域としてもよく知られています。

photo by kelly

「ホテル日航アリビラ」は、1994年に開業したスパニッシュコロニアルな建物が印象的なリゾートホテル。「アリビラ」というのは、スペイン語で寛ぎを意味する「Alivio」と、別荘を意味する「Villa」を合わせた造語なんだそう。ロビーに入った瞬間に漂うオリジナルの香りに包まれ、しばしうっとりしちゃってください。

アロマは、ホワイトガーデニアをイメージして作られたもの。売店ではアロマオイルやアロマミストが販売されているので、アリビラの香りを持ち帰ることもできます。

photo by kelly

映えスポットの宝庫!撮影会は外せません

photo by kelly

正気を取り戻して回りを見回すと、写真撮影にいそしんでいる方たちがちらほら。わかります。ホテル日航アリビラは、写真で切り取ったら、南欧にしか見えないスポットだらけ。そりゃ夢中になりますって。色とりどりの花が咲き誇るパティオ、そこに配された、ソファとパラソルもリゾート気分を盛り上げてくれます。

ロビーフロアの天井は、邸宅に招かれたかのような気持ちになってもらいたいと、あえて低めに設定してあるのだとか。フロントから客室に向かう時に通る回廊も、時折自然の光が差し込みとてもロマンチック。また、館内には、アンティークの家具・絵画・石像・オブジェなど美術品が配されており、これを見て歩くのも楽しいのです!

photo by ホテル日航アリビラ

館内での撮影会が終わったら、海やプールに繰り出してみてはいかがでしょう。ガーデンプールも素敵ですが、屋内のリラクゼーションプールもいいですよ。水圧マッサージや低温サウナで癒されちゃいましょ。

ホテルの目の前には、沖縄言葉で「理想郷」(ニライカナイ)を意味する、掘削を行っていない天然ビーチ、ニライビーチが広がっています。冬から春にかけてはクジラを見かけることも。沖縄本島でも屈指の透明度を誇り、ウミガメの自然ふ化が確認される年もあるそうです。

photo by ホテル日航アリビラ

photo by ホテル日航アリビラ

全室バルコニー付き! お部屋も快適です

photo by ホテル日航アリビラ

客室でのんびり寛ぐのもありです。コロニアル調の配色が印象的な客室は、スタンダードでも43平米の広さがあり、すべての部屋にバルコニーが設えられているというのもうれしいところです。ここでプールを見下ろしながら、ビールをごくり、なんていうのもオツですよ。細かいことですが、ワッフル地で仕立てられたオリジナルのルームウエアの肌触りも抜群でした。

料飲施設は7つ。連泊しても飽きることはありません。今回、夕食は、日本料理・琉球料理「佐和」で物語会席をいただきました。料理長が考案したオリジナルストーリーをモチーフにコースが展開されるのです。

評判の朝食、その実力はいかに⁉

photo by ホテル日航アリビラ

朝食は「ベルデマール」へ。こちらの朝食は大人気! これ目当てにホテル日航アリビラを選ぶという人も少なくありません。平日も開店前から行列ができるほどで、この日も待ちが生じていましたが、体験してみてわかりました。多少待ってでも食べるべきです(笑)。

photo by ホテル日航アリビラ

まずは、ゴーヤーやドラゴンフルーツ、ハンダマ(水前寺菜)などを使用したスムージーで体を目覚めさせます。お料理は何にしようかな(笑)。とりあえず、外せないのは、日替わりを含めた4種類のオムレツ(この日の日替わりはイカスミのオムレツでした。ちなみにミニオムライスもオーダーできます)と、焼きたてフレンチトースト。

photo by kelly

フレンチトーストは、プレーンのほか、沖縄産の黒糖みつを使用した「沖縄黒糖風味フレンチトースト」も用意されていました。パインバターや紅芋ジャムをはじめ、自家製のバターやジャムもおいしくて、朝からテンション上がりまくりです。

photo by kelly

紅芋食パンや島豚ポーク、美ら島あぐースモークハムなど、沖縄らしい料理も充実しています。朝から食べすぎ必至ですが、ま、リゾートにいる時くらい自分を甘やかしちゃってもいいですよね。

photo by kelly

ホテル日航アリビラ

住所:沖縄県中頭郡読谷村字儀間600

電話:098-989-9021

https://www.alivila.co.jp/




2022/05/30 19:29  Copyright (C) 2019 TABIZINE All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

噂の朝食も徹底レポ!沖縄の南欧風リゾート「ホテル日航アリビラ」で癒し時間 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -スペインナビ-

Copyright(C) 2014-2022 AISE Inc. All Rights Reserved.