ワウネタ海外生活
トップアジアタイ
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
最新ホテルで「東京湾岸」のキラメキを独り占め!?ラビスタ東京ベイに泊まってみた
■あわせて読みたい

話題の「マンガで眠れない」ホテル!でもコアラマットレスでぐっすり!?【MANGA ART HOTEL】

 

ドラマチックに迎えられる東京ベイリゾートへの豊かな誘い

東京ベイのウォーターフロント、マグロのセリを見学できる市場もある豊洲に誕生した「ラビスタ東京ベイ」。2022年7月のグランドオープンに向けて、現在はプレオープン中! ロビーに足を踏み入れれば、天井高があり、海まで続いていそうな開放感に満ちた光景に包まれます。

海が近いことを連想させる、水の流れをイメージする壁面。天然木を使ったカウンターも波打つような曲線美を描いています。

チェックイン時には、ウェルカムスイーツならぬ、ウェルカム駄菓子も! 豊洲という場所柄、東京の下町を感じるような演出にほっこり。客室には最低限のアメニティしかないので、駄菓子と一緒に必要なアメニティをチョイスして客室へ。

それにしても、心地好いほどガラス面の多い造り。エレベーターホールへのアプローチもこのとおり! 足元から天井までの大きな窓が配され、館内どこからでも、運河や東京ベイの美しい景観を感じられるようになっています。

海・空・風を感じるようなウォーターフロントの優しい居心地

全582室、12タイプのさまざまな客室がそろいますが、案内されたのは142室ともっとも多いタイプの「スタンダードダブル・シティサイド」。シティサイド?と侮ることなかれ! ベイサイドじゃなくても、素晴らしい眺望が期待できますから!

客室アプローチにシンク&パウダースペースが設けられた珍しい造り。広さは約23平方メートル。淡いグリーンを基調とした爽やかな内装で、180cm幅のキングサイズベッドが配され、2名で泊まってもゆとりある広さ。

海や空、風をイメージさせる色調やヘッドボードオブジェなど、ウォーターフロントであることがさりげなく表現され、アースカラーでまとめられた優しい気持ちになる居心地。

窓の外……、気になりますよね!

シティサイドからの眺めは、豊洲駅や浅草、東京スカイツリー方面の眺望。運河に光を落として輝く高層マンションや高層ビル群、左側には東京スカイツリーの姿もばっちり望めます! 客室位置によっては多少異なりますが、こちらは8階からの眺め。上層階になればもっと俯瞰的な眺望が楽しめます。

「スタンダードダブル」は、シャワーブースのみの造り。もちろんバスタブ付きの客室タイプもありますが、この“座れるシャワーブース”はリラックス度満点! なのですが……、14階の最上階には、眺望抜群の大浴場があるんです。しかも温泉!

遮るものがない東京ベイの最前列! 光きらめく東京の大パノラマ

地上約60m、ホテルの14階にある男女別の大浴場。15時から翌10時まで、夜中でも入ることができるので、光にきらめく東京ベイの最前列からの眺めを思う存分楽しめます!

一面ガラス張りになった内湯が広いこと! しかも1番大きな湯船には、埼玉県の三郷温泉から運ばれた温泉があふれます。そのほかにも薬湯や寝湯、サウナなどに加え、女性用にはマイクロバブルの気泡で白濁したシルキーバスやミストサウナまで。

とくに寝湯などに身体を沈めれば、ウォーターフロントの夜景に包まれた天空温泉を楽しめる大絶景。女性用の大浴場からは、豊洲大橋を眼下に、運河越しに晴海や勝どき方面を望み、シティサイドの高層マンションや高層ビル群がまたたく景観。左側に東京タワー、右側には東京スカイツリーも望めます。

もちろん、心地好い風を感じる露天風呂だってありますよ!

男性用の大浴場からは、豊洲市場を眼下に、お台場や天王洲方面を望み、真正面にレインボーブリッジのきらめき。

 

これはスゴイ! あまりの美しさにのぼせないように注意してくださいね。

湯上り処からの景観も美しく、“湯上りアイス”が用意されているので忘れずに!

こちらは同フロアにあるプール(中学生以上のみ利用可能2,200円)。長さ約15mの温水プールは、東京ベイへダイブするようなインフィニティ仕様。

色が変化するジャグジーも設けられているので、フォトジェニックな1枚やリゾート気分を満喫できます。

名物の夜鳴きそば&イクラかけ放題の大満足な朝食

「ドーミーイン」の代名詞ともいえる“夜鳴きそば”は、「ラビスタ東京ベイ」でも提供! 22時30分から楽しめるこのラーメン。お風呂上りや小腹がすいたときなどに最高なのです。 

フリーのコーヒーマシンが複数階に設置されているのもうれしいポイント。

朝食は和食・洋食からなる50種類を超えるバイキング。豊洲市場のお膝元ということもあり、新鮮な魚介類がふんだん。イクラかけ放題&お刺身乗せ放題の自分で作る海鮮丼は、絶対に食べたい一品。もちろんスイーツやフルーツなども豊富にそろっています。

ラビスタ東京ベイ

住所:東京都江東区豊洲6-4-40

料金:1名利用/1泊朝食付き1名1万3,500円~ 2名利用/1泊朝食付き1名9,000円~

CHECK IN/OUT:15:00/11:00

客室数:582室

アクセス:新交通ゆりかもめ「市場前駅」に直結

URL:https://www.hotespa.net/hotels/la_tokyobay/

※2022年6月現在、新型コロナウイルス感染症対策のためサービス体制や料理提供方法などが通常と異なることがあります

 

■あわせて読みたい

話題の「マンガで眠れない」ホテル!でもコアラマットレスでぐっすり!?【MANGA ART HOTEL】




2022/06/24 15:58  Copyright (C) 2019 TABIZINE All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

最新ホテルで「東京湾岸」のキラメキを独り占め!?ラビスタ東京ベイに泊まってみた | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -タイナビ-

Copyright(C) 2014-2022 AISE Inc. All Rights Reserved.