ワウネタ海外生活
トップヨーロッパフランス
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
不便なパリの駅で感じる人の優しさ【フランス】

フランス生活で不便に感じることのひとつが、メトロの駅にエスカレーターやエレベーターが少ないことです。

パリに地下鉄が誕生したのは1900年、パリ万博が開催された年。それから自動運転が取り入られたり、安全のためにホームドアが設置されたりと、多くの改修工事が行われてきたメトロですが、エレベーターやエスカレーターの設置はあまり進められていません。路線によってはドアを手動であける車両もあり、パリにはまだまだ古い路線が多く残っているんです。

そのため駅には階段しかないことが多く、大きなスーツケースを持っている方や、ベビーカーが必要な小さなお子さんを連れている方は本当に大変です。でも、そんな人がいたら、迷わず手助けできるのがフランス人のすてきなところ。男性女性問わず、「手伝いましょうか?」と声をかけてくれるんです。

わたしも大きなスーツケースとともに初めて日本からやってきたとき、何人もの人にこうして声をかけてもらいました。そして荷物を階段上まで運ぶと、サラッと「頑張って」などと声をかけて去っていくんです。

こんなことが当たり前にあるからなのか、エスカレーターやエレベーターがなくても不満に思う人は少ないように感じます。フランスにいると日本社会の便利さを実感すると同時に、不便だからこそ人の優しさに触れられるのがフランスの魅力の1つでもあると感じます。



2022/08/07 19:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

不便なパリの駅で感じる人の優しさ【フランス】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -フランスナビ-

Copyright(C) 2014-2022 AISE Inc. All Rights Reserved.