ワウネタ海外生活
トップオセアニアニュージーランド
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
アルコール禁止地域の標識がいたるところにある!【ニュージーランド】

ニュージーランドでは、公園などの公共の場所で『Alcohol ban area』という標識をよく目にします。
これは、アルコールによる犯罪のリスクを減らし、安全な環境を整えるためのもの。
アルコール禁止地域は、場所によって24時間禁止されているところもあれば、時間帯によって禁止制限されている地域もあります。
春になると、ニュージーランドでも桜が咲き、多くの日本人がお花見をします。
お花見と言えばお酒!ですが、やはりお花見スポットも、アルコール禁止地域に指定されていることがあるので、注意が必要です。
警察官に見つかると罰金を科せられます。

この画像の標識によると、夏時間は22:00~7:00まで飲酒禁止で、それ以外は、19:00~7:00まで飲酒禁止。
逆に言えば、昼間は飲酒OKということですね。
ニュージーランドの公園には、バーベキュー施設が設置されてある場所も多く、夏には誕生日パーティーなども公園で行われることもあります。
公園などで飲酒するときには、前もってアルコール禁止地域かどうかの確認をしておきましょう。




2016/10/31 12:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

アルコール禁止地域の標識がいたるところにある!【ニュージーランド】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -ニュージーランドナビ-

Copyright(C) 2014-2021 AISE Inc. All Rights Reserved.