ワウネタ海外生活
トップ中東トルコ
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
【世界の立ち入り禁止スポットvol.3】世界中のセレブに愛されたリゾート地〜北キプロス・ヴァローシャ〜

 

世界で最も人気のリゾート地のひとつだった「ヴァローシャ」

キプロスのファマグスタ南部に位置するヴァローシャは、トルコがキプロスに侵攻する1974年以前は、一直線の海岸が広がる美しい観光地としてにぎわっていました。地中海を代表するリゾート地のひとつとして名を馳せていたのです。増加する観光客に対応すべく、次々に高層ホテルや高級ブランドショップ、レストラン、バーなどが建築されました。

1960年代から70年代初頭にかけての全盛期には、エリザベス・テイラーをはじめ、ラクエル・ウェルチ、ブリジット・バルドー、リチャード・バートといった世界中のセレブリティからも愛されるリゾート地に。

トルコのキプロス侵攻後に立ち入り禁止になった

しかし、1974年7月15日にキプロスでギリシャ合併推進派によるクーデターが起こり、同年7月20日には、トルコ軍がトルコ系住民保護を名目に、キプロス侵攻を開始。ギリシャ系キプロス軍はラルナカへ撤退しました。

この時点で、トルコ軍は現在、民族的境界線となっているグリーンラインまで勢力をのばしていたのです。そのため、ヴァローシャのギリシャ系住民は虐殺を恐れて、パラリムニ、デリネイア、ラルナカなどの南部へ逃げ出しました。

そして、トルコ軍はヴァローシャ全域を掌握。周囲を金網で囲い、トルコ軍と国連関係者以外の立ち入りを禁止しました。

ヴァローシャの住民たちは故郷へ帰還しようとしたが……!?

ヴァローシャのギリシャ系住民たちは、事態が落ち着き次第、ヴァローシャへ戻ろうと思っていました。

1984年度の「国際連合安全保障理事会決議550」では、ヴァローシャは国連の管轄下に置かれ、元住民が再び定住することが要求されました。ところが、トルコのほか、大半のギリシャ系キプロス人らはこれを不公平だとして拒否したのです。

2022年現在、荒廃した無人のリゾートに

誰も住んでいないヴァローシャは、すべての建物の崩壊が進み、金属は腐食、窓ガラスは割れ、道路や壁には植物の根がはり、荒廃し続けています。

この地が、かつてのにぎわいを取り戻すことがあるのでしょうか?

2021年にトルコのレジェプ・タイップ・エルドアン大統領は、「北部にあるかつてのリゾート地(ヴァローシャ)を再開する」と発表。ヴァローシャがリゾート地としてよみがえる可能性が出てきました。

とはいえ、トルコ以外からは国家承認を得ていない「北キプロス・トルコ共和国(北キプロス)」のグリーンラインにあるヴァローシャ。複雑な領土・民族・資源問題などを抱えているため、リゾート再開が実現するのは、まだ先になりそうです。

北キプロスに入国する際の注意点

2022年現在、北キプロスに入国することは可能です。ただし、独立国として国際的に承認されていないため、パスポートに北キプロス入国印を押されると、キプロス共和国に不法入国したとみなされて、南キプロスとギリシャに入国できなくなることも。なるべく北キプロス入国印は別紙に押してもらいましょう。

ヴァローシャ

参考:外務省/キプロス共和国

AFPBB News/トルコ大統領が北キプロス訪問、南北分断の固定化を主張

[All photos by Shutterstock.com]




2022/10/14 17:46  Copyright (C) 2019 TABIZINE All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

【世界の立ち入り禁止スポットvol.3】世界中のセレブに愛されたリゾート地〜北キプロス・ヴァローシャ〜 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -トルコナビ-

Copyright(C) 2014-2022 AISE Inc. All Rights Reserved.