ワウネタ海外生活
トップアジアタイ
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
レストランのサービスチャージと消費税事情【タイ】

タイのホテルやショッピングモールに入っているレストランでは、メニューの表示価格のほかに、サービスチャージ(サービス料)とVAT(日本でいう消費税)が別途かかることが一般的です。

メニューにはその旨が小さく書かれているのですが、知らずに会計をすると「あれ?」と高く感じるかもしれません。
VATは7%、サービスチャージはまれに3%や7%のお店もありますが、ほとんどの場合10%です。

ここで興味深いのが、VATはサービスチャージを含めた金額にかかるという点。
例えば合計が1,000だったとしたら、VAT7%、サービスチャージ10%で支払う金額は1,170のように考えるかもしれません。
しかしサービスチャージを含めた1,100に7%が加算されるので、合計は1,177になります。
ですから、合計金額のほかにおよそ20%が加算されると考えておくと良いでしょう。

一方、屋台や食堂、フードコート、ファーストフード店ではこうした別途料金はかからず、表示価格通りに食事ができます。
ホテルやショッピングモールに入っているレストランでもない、屋台や食堂でもないというレストランの場合の会計は、お店によってまちまちです。

日本人はこみこみの価格表記を好む傾向にあるためか、日系店ではメニューの表示価格以外に別途料金はかかりませんというお店も一定数あります。



2023/01/24 19:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

レストランのサービスチャージと消費税事情【タイ】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -タイナビ-

Copyright(C) 2014-2023 AISE Inc. All Rights Reserved.