ワウネタ海外生活
トップマタハラ
2015年3月30日に厚生労働省はマタニティハラスメントの問題を受けて、妊娠や出産、復職などから1年以内の降格や契約打ち切りなどの不利益な取り扱いは、原則として男女雇用機会均等法などに違反すると判断することを決め公表した。
日本人女性として初めてアメリカ国務省が選ぶ「勇気ある国際的な女性賞」を受賞したのは小酒部(おさかべ)さかや氏。

マタハラ | ワウネタ海外生活

Copyright(C) 2015-2019 AISE Inc. All Rights Reserved.