ワウネタ海外生活
トップヨーグルト
アメリカでおなじみのヨーグルトブランドYoplait(ヨープレイト)には、レモン味やバニラ味など、いろんなフレーバーが出ているので毎日飽きずに食べられます。
内モンゴルの郊外の地区には、草原が広がっていて羊や牛がたくさん飼われているので乳製品が特産で、気軽なお土産となっています。
中国では、列車に乗った時の定番の食事と言えばカップラーメンです。
中国のネットショッピングでは、様々なものが販売されているのですが、ヨーグルトメーカーも簡単に安く(30元(約500円)程度から)手に入れることができます。
身体を冷やすことにとても敏感な中国のヨーグルトは、常温で販売されているものがあります。
ここ最近はアメリカのヨーグルトといえば、CHOBANI(チョバーニ)やFAGE(ファイエ)などのギリシアヨーグルトが人気でした。
「炒酸奶(チャオスワンナイ)」直訳すると「ヨーグルト炒め」。

ヨーグルト | ワウネタ海外生活

Copyright(C) 2015-2019 AISE Inc. All Rights Reserved.