ワウネタ海外生活
トップリサイクル
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
これまでメキシコのごみと言えば、分別のルールはあってないようなもの、みんな好き勝手に捨てていたのですが、そんなメキシコ人の意識を変えるようなルールが広がりつつあります。
住んでいる地域によってもリサイクルの方法などは少し異なるようですが、基本的にイギリスでは一般ごみ以外に、5種類に分けてリサイクリングされています。
日本では資源ごみを回収している自転車に乗ったおじさんたちをよく見かけますよね。
バンクーバーダウンタウンのウェストエンド、消防署の前にポツンと設置された大きな赤い箱。
今や、ネパールにも使い捨て文化はどんどん侵入してきていて、使い捨てのコーヒー用のカップや、紙皿が売られるようになりました。
旧市街などは別ですが、郊外では各家庭に、360リットルも入る大きなゴミ箱が家の外に設置されており、週1回のゴミの日になると、家の前にこのゴミ箱を置いておきます。
自然に優しい安全なおもちゃといえば、どちらかというとドイツや北欧製のものが思い浮かぶかもしれません。
カンボジアには「サクラ」「ドンドンタウン」などのリサイクルショップの店舗が増えています。

リサイクル | ワウネタ海外生活

Copyright(C) 2015-2020 AISE Inc. All Rights Reserved.