ワウネタ海外生活
トップ博物館
メキシコシティを代表する観光施設「国立人類学博物館」は、メキシコシティのツアーでは必ずと言ってよいほど内容に組み込まれている場所です。
カナダの首都オタワには、たくさんの美術館や博物館があり、どこも見ごたえ十分ですが、入館料が20~25カナダドル(約1660-2075円)するので、時間に余裕を見て行きたいところ。
プラハから電車で1時間のクトナーホラは、納骨堂や聖バルバラ大聖堂など見所がたくさんあるのですが、実は観光客にはあまり入られていない観光名所があるんです。
秋を迎えたニューヨークでは、木々の色づきも始まり、服装も冬モードに変化してきました。
メキシコに赴任をすると最初に取得をしなければいけないのが在留ビザであるFM3です。
ナイアガラの滝から北へ車で15分ほどのところにある街、Niagara on the Lakeは、夏には避暑地として観光客でにぎわっていますが、メインストリートの一角にとても素敵なたたずまいの建物があります。
今回の旅とは別日程で訪れたのですが、イタリア北部の街として最後にオススメしたいのはオリンピック開催地として世界的に有名となった都市トリノ(Turin)です。
モナコ公国(Monaco)のモンテカルロ(Monte Carlo)にある博物館をご紹介します。
古代遺跡が数多く残るロマンの都ローマを訪れたことがある方は、チヴィタヴェッキア港から北約18kmにある世界遺産の街タルクイーニア(Tarquinia)に足を伸ばして見てはいかがでしょうか?

博物館 | ワウネタ海外生活

Copyright(C) 2015-2019 AISE Inc. All Rights Reserved.