ワウネタ海外生活
トップ本屋
日本では今や小学校から英語教育がスタートしていますよね(まだすべての学校で必須科目とはなっていませんが)。
台湾の絵本作家「幾米」(ジーミー)の本が中国でも本屋にズラリと並べられています。
なかなか「チェコ語」を習得している人の数は少ないと思いますが、それでもチェコに行ったら是非立ち寄って欲しいところは「本屋」です!
日本では、大型のショッピングモールの中に入れば必ずと言ってよいほど書店があります。
オンラインショッピングの時代でも、本屋に足を踏み入れるのはいつの時代も楽しいですね!
アメリカには人気のビーチエリアにはボードウォークやショッピングエリアがあり、お買い物も楽しめます。
イギリスの町を歩いていると、低く垂れこめた重苦しい灰色の空模様と相まって、連なるレンガ造りの建物が趣のある表情を見せます。
アメリカには「Barnes and Noble(バーンズ・アンド・ノーブル)」という大型チェーン書店が人気ですが、残念なことに活字離れがアメリカでも進んでいるようで、バーンズアンドノーブルも書籍以外にギフトやおもちゃを置いたりカフェを併設したりしていろいろ集客戦略を立てているようです。

本屋 | ワウネタ海外生活

Copyright(C) 2015-2019 AISE Inc. All Rights Reserved.