ワウネタ海外生活
トップ気候
世界で2番目に大きな国土を持つカナダは、場所によって大きく気候が異なります。
日本のテレビのニュースでも、西日本の大雨情報が頻繁に流れていますが、ここ、四川省・成都でも、数十年に一度あるか、ないかの爆雨(バオ・ユー)に悩まされています。
ペルーは国土も広く、温暖な気候の場所と高山帯の気候に所属しているところがあります。
5月初旬から下旬にかけて、昼間は20度台後半まで気温が上がる日があるのに、急に冷え込んで、夜間は霜注意報が発令されるということが何度もありました。
パナマへの赴任が決まると当然気候が気になります。
ウォルト・ディズニーリゾートのあるオーランドに行くのであれば天気や気候が気になるところです。
東南アジアのタイは、いつでも常夏というイメージがあります。
メキシコというと一般的にはどんなイメージがあるでしょうか。
ニューヨークの夏は比較的過ごしやすく、たまにものすごく温度が高く、湿度も高くなる年もあるのですが、ここ数年は過ごしやすい気候が続いています。

気候 | ワウネタ海外生活

Copyright(C) 2015-2018 AISE Inc. All Rights Reserved.