ワウネタ海外生活
トップヨーロッパフランス
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
オルセー美術館で絵画の魅力に迫る【フランス】

パリのセーヌ川南岸にあるオルセー美術館の絵画を紹介します。
オルセー美術館は、元々駅庁舎であった建物を利用している美術館で、真ん中に大きなホールがあり、その両脇に小さいホールが並ぶ作りになっています。



ミレーの「落穂拾い」、ゴッホの「ローヌ川の星月夜」、マネの「笛を吹く少年」、ゴーギャンの「タヒチの女」などなど、子供の頃の美術の教科書で見た事がある有名な絵画が随所にあります。



特に印象的なのが、このモネの「かささぎ」です。雪の表現力を見てください。遠くから見ると白い雪ですが、近づいて見ると白だけでなく様々な色を合わせて雪の質感や儚さが表現されている事が分かります。これは画集や写真だけではなかなか分かりにくい作品の魅力です。





大変人気があるゴッホのフロア。ゴッホの絵画は筆のタッチがとてもパワフルで、絵の具が立体的になっています。これも、画集や写真などでは分かりにくい魅力です。


セーヌ川



2021/07/04 19:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

オルセー美術館で絵画の魅力に迫る【フランス】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -フランスナビ-

Copyright(C) 2014-2021 AISE Inc. All Rights Reserved.