ワウネタ海外生活
トップヨーロッパマルタ
マルタ共和国の首都ヴァレッタから北東に広がる町 スリーマとセント・ジュリアン【マルタ共和国】
セント・ジュリアンにあるモニュメント

要塞都市ヴァレッタは世界遺産に認定されたこともあり、新たな開発が難しいため、大型ホテルやマンションがある町はヴァレッタを囲むように円心状に広がっています。その中で最も活気があるのが、スリーマとセント・ジュリアンとう町です。

ヴァレッタから北へ向かって伸びる海岸沿いの遊歩道を歩くと、スリーマとセント・ジュリアンにたどり着きます。ヴィレッタから徒歩で30分以上かかるため、通常はバスを利用します。

海沿いの広い遊歩道はジョギングにぴったりで、涼しくなる夕方にはジョギングをする人をたくさん見かけました。

セント・ジュリアンの夜景


スリーマは日本のツアーで使用される大型ホテルがあります。個人でホテルを申し込むと一泊1万円〜とやや高額なため、2000円程度で宿泊できるスリーマのユースホステルも人気です。

今回は、ホテルが高額だったこともあり、スリーマ付近のユースホステル(男女兼用の8人部屋のみ)を利用しました。

日中は町外にある観光名所に足を運んでいるので、これらの町で過ごすのは夜間のみになると思います。スリーマの町から徒歩またはバスで北に行くとセント・ジュリアンに着きます。

この町の入江から眺める夕日は美しく、入江に光が反射して輝く夜景も格別です。入江沿いにレストランが並んでいるので、混雑する日没より少し早めに訪れて、夕暮れが楽しめる座席で夕食をしっとりいただくのも風情があります。


2017/07/12 08:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

マルタ共和国の首都ヴァレッタから北東に広がる町 スリーマとセント・ジュリアン【マルタ共和国】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -マルタナビ-

Copyright(C) 2015-2017 AISE Inc. All Rights Reserved.