要注意のスーパー事情【中国】

結局は「安売りかどうかは自分の仕事ではないので、ビールがいるかいらないかの判断だけしてくれ」と言われるだけで話になりませんでした。

食べ歩きの鍋ホイ【中国】

昔からあった中国のおやつで、パリパリのパンの中に自分の好きな具材を入れていただくのです。

粘土細工が大流行【中国】

観光場所や子供グッズが売ってある場所、そして学校近くの文具店などに出ている粘土細工がかわいいと、地元で話題になっています。

ぼったくりにご用心【中国】

また彼らは銅像のようにずっと動かずポーズをとっているので、知らないで彼らに寄りかかって写真を撮り、撮り終わった後に彼らが動きだすのを見て悲鳴を上げる人もいたという話も聞いたことがあります。

クリスマスと冬のおかし【中国】

現代のイルミネーションの風景の中で、昔からのサンザシの飴がらめを食べ歩きしている人を見ると、時代の移り変わりがあっても中国人の昔からの伝統は受け継がれているのだと実感します。

路上売りの少年たち【中国】

自分の使っていたぬいぐるみや、どこから買ってきたのか分からない小物を道に広げて、仕事帰りのサラリーマンが通るような道に座って売っているのです。

変わりつつあるバス事情【中国】

この運転席カバーの利点は、バスを安全に走行させること(日本ではあたり前ですが、中国では運転手の邪魔をする人がいて、とても危険なことが派生しています)や、運転手に話しかけられないようにすることです。

11月11日は爆買いの日【中国】

今年はそれに加えて、ユニクロやイトーヨーカドーなどでも日本製品がかなり下がったことから、お店に行列が出来るほどの賑わいで、市場始まって以来の売り上げを伸ばしたようです。

2019年国慶節【中国】

中国の建国70周年を祝って北京では大規模な軍事パレードが行われる中、国の祝いである国慶節は田舎に帰ってゆっくりしようという人が少なく、多くの人は地元に残って仕事をする人がほとんどでした。

天府熊猫塔が大人気!【中国】

四川省には沢山の塔がありますが、近代的で夜景が楽しめることで「天府熊猫塔」は多くの観光客やカップル、そして家族連れにとって人気の場所になっています。

11月12日以降の悲劇【中国】

でも、「双12」(シュアン・12)である12月12日にも、もう一度「狂歡節」が開催されるので、11月に購入できなかった人は12月目がけて、商品のリサーチを始めることに。

11月11日の習慣【中国】

1秒を争って早押しし、勝った人だけが特別な価格でものを購入できるというシステムのものです。

人気のアニメ通り【中国・四川省】

その壁の前で写真を撮る人や、アニメ通りを待ち合わせの場所にする人もいるくらいで、朝から夜遅くまで多くの人の人気の場所となっています。