ワウネタ海外生活
トップ中南米メキシコ
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
まだまだあるかも メキシコの古代遺跡は今も調査中【メキシコ】

先日、日米の調査チームがユカタン半島で紀元前1000年前のマヤ文明の遺跡が見つかったと発表がありました。
この話題はメキシコ国内でもニュースになっているのですが、これだけ技術の進んだ現代になってなぜ、巨大な遺跡が見つかるのかというと、ユカタン半島のマヤに関する遺跡はまだまだ発見されていないものが多数あるということです。
ユカタン半島が広大な土地であるということも1つの理由ですが、もう1つは危険な熱帯雨林地帯で調査が難しいという点です。

ユカタン半島にある「カンクン」の名前はマヤ語の蛇が群れる場所という意味から分かるように、この半島にはたくさんの危険生物が住んでいます。
このため、政府が開発を断念したということもありました。
マヤの遺跡は何千年も経過してしまっているため、ジャングルと同化してしまい、上空から移籍の痕跡を見つけることが難しくなっているのも要因の1つです。
現在も各国の研究チームが調査を続けており、さらなる発見が見込まれています。




2020/10/03 08:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

まだまだあるかも メキシコの古代遺跡は今も調査中【メキシコ】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -メキシコナビ-

Copyright(C) 2014-2022 AISE Inc. All Rights Reserved.