ワウネタ海外生活
トップアジアマレーシア
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
貴重価値の高い紅茶「BOH TEA」【マレーシア】

マレーシアを代表する「BOH TEA」は、創業90年以上の歴史を持ち、国内で生産されている紅茶の会社です。
マレーシアの王室のみならず、イギリスのロイヤルファミリーにも愛飲されています。


暑いマレーシアで紅茶?と、思うかもしれませんが、紅茶が栽培されているのは、クアラルンプールから車で2時間ほどの所にある「Cameron Highlands(キャメロンハイランド)」です。
寒暖差の激しい高原で、雨も多く、土壌は弱酸性で、まさに紅茶栽培に適した場所です。
ただ、生産量はあまり多くないので、「幻のアジアンティー」とも呼ばれ、希少価値の高い紅茶になっています。


キャメロンハイランドには、BOH TEA茶園があり、観光名所となっています。
日本からの観光客はあまり訪れていないようですが、地元では週末になると、大勢の車が押し寄せ大渋滞する、という人気スポットです。


スーパーでは、たくさんのBOH TEA製品が置いてあります。
紅茶も、ブレンドから、アールグレイ、ハーブブレンドやフレーバーティーなど、様々な種類が販売されています。
お砂糖やミルクがすでに入っている3in1や、粉末アイスティーなどもあります。
ティーバックはもちろん、高級な缶入り茶葉もあります。パッケージもかわいいので、お土産にもおすすめです。



2021/07/18 19:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

貴重価値の高い紅茶「BOH TEA」【マレーシア】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -マレーシアナビ-

Copyright(C) 2014-2021 AISE Inc. All Rights Reserved.