ワウネタ海外生活
トップアフリカタンザニア
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
ダル市民の新しい足・きらめくブルーの車体「DART」【タンザニア】

市内の移動手段は、路線バス、タクシーの他、バジャジと呼ばれる「トゥクトゥク」、スワヒリ語で「ピキピキ」と呼ばれるバイクタクシーくらいしかなかったダルに、新しい交通網BRT(Bus Rapid Transit・バス高速輸送システム)が開通して1年。
ダル市民にはDARTの通称で親しまれています。

DARTは幹線沿いに設けられたバス専用レーンを通るため、渋滞知らず。
初乗り運賃は、400シリンギ(約27円)のバスに比べ650シリンギ(約43円)と高くても、十分に払う価値があるというわけです。

シンプルな道路際の「バス停」ではなく、きちんとした「駅舎」から乗降します。
チケットはそこで乗る前に事前購入するため、動く車内で支払いに煩わされることがありません。


よく使う利用者は、運賃を携帯電話でチャージしてカードで購入することが出来ますので、細かい現金を持ち歩く必要がないのも助かります。

この一年ほど、市内の交通渋滞が緩和しつつあると言われる原因の一つに、DARTの開通があるとみて間違いないでしょう!




2017/04/29 12:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

ダル市民の新しい足・きらめくブルーの車体「DART」【タンザニア】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -タンザニアナビ-

Copyright(C) 2015-2021 AISE Inc. All Rights Reserved.