ワウネタ海外生活
トップヨーロッパスペイン
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
室温で保存できる「チョリソ」【スペイン】

スペインの市場やスーパーマーケットに行くと生ハムをはじめたくさんの加工肉を目にします。

スライスされて冷蔵コーナーにおいてある物もありますが、丸ごとの生ハムやチョリソは室温に置かれています。
レストランでも生ハムが天井から丸ごとぶら下がっているのを見たこともある方も多いのではないかと思います。
豚肉を腸詰めにして熟成させたものを「embutidos」と総称されることもあり、種類がたくさんあります。


スペインではエンブティードはよく食べられるので、スライスされた物はもちろん、まるごとで買う家庭も少なくありません。
特に、チョリソは1本買っても数日以内に食べ終わることがほとんどです。


ほとんどのチョリソは端にひもがついているので、食べ終わったら壁に吊るしておきます。
レストランやバルでは当然カットされて出されるので、丸ごとの姿を目にすることはないかもしれませんが、興味があればスーパーマーケットなどで購入してみて下さい。
ホテルのお部屋に室温で保存することが出来るので、滞在中に楽しむことが出来ます。

ただし、冷蔵されている物はホテルでも冷蔵庫に入れて下さい。
肉製品は日本への持ち込みが禁止されているので、おいしくても日本へは持ち込まない様にして下さいね。




2017/05/10 20:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

室温で保存できる「チョリソ」【スペイン】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -スペインナビ-

Copyright(C) 2014-2021 AISE Inc. All Rights Reserved.