ワウネタ海外生活
トップ北米アメリカ
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
両手はハンドルの上で【アメリカ】

アメリカでは、走行する車すぐ後ろでパトカーが、ウォンウォンと青と赤の回転灯を点ける事が、車を停止させなさい、という合図です。
日本のように、『前の車、停まりなさい』などとスピーカー越しに言われることはありません。
その場合は、すぐに路肩に寄って車を停める必要があります。
たまたま、2車線しかない橋を走行中だったりと、全く寄せる場所がない場合は、速度を落としたりハザードランプを点灯させたりと、気づいていますという意思表示をしながら、できるだけ早く車を停車させる場所を探すのです。

停まった後の行動も大事です。
後ろでは、警察官が車のナンバーの照会などをした後、運転席側に近づいてきます。
それまでに、窓を開けておいて、両手はハンドルの上へ。
免許書や保険証の提示を求められても、決して勝手に動いてはいけません。
必ず、警察官に『バックの中にあるので取ってもいいですか?』『グローブボックスにあるので取ってもいいですか』など許可を取ってから手を動かしてください。
アメリカでは、停車させられた車内で警官の許可なく行動することは、銃など取り出そうとしている、と誤解される行動でもあるのです。

夏のホリデーシーズンも始まり、車での移動が多くなるこの時期、トランクから荷物がはみ出していた、といった理由でポリスカーに止められることもあります。
そんな時にも、パニックにならず、冷静に対応してくださいね。




2017/08/26 20:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

両手はハンドルの上で【アメリカ】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -アメリカナビ-

Copyright(C) 2015-2020 AISE Inc. All Rights Reserved.